オルガンティーノ(英語表記)Gnecchi-Soldo Organtino

大辞林 第三版の解説

オルガンティーノ【Gnecchi-Soldo Organtino】

1530~1609) イタリア人イエズス会宣教師。インド・マラッカで布教ののち、1570年来日。織田信長に信任され、京都を中心に近畿地方で布教・教育活動を行う。京都に南蛮寺、安土に修道院・教会を建てた。豊臣秀吉の時代に迫害され、長崎に移りそこで死去。ウルガン-バテレン。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

百科事典マイペディアの解説

オルガンティーノ

イタリア人宣教師イエズス会士。1570年F.カブラルと共に来日,フロイスを補佐して布教した。織田信長の信任を受け,安土(あづち)に神学校セミナリヨ),京都に教会(南蛮寺(なんばんじ))を設立。史書には〈ウルガン(宇留合無)伴天連〉の名で残る。
→関連項目宣教師

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オルガンティーノ【Gnecchi Soldo Organtino】

1533‐1609
イタリアのカスト・ディ・バルサビア出身のイエズス会宣教師。1556年にすでに司祭職にあり,のちイエズス会に入る。66年インド布教を命じられ,翌年ゴアに至る。70年(元亀1)6月布教長カブラルとともに天草の志岐に到着,ルイス・フロイス補佐のため畿内に派遣される。フロイスが九州に去った後は都地方の布教責任者を務め,被昇天の聖母教会(南蛮寺)を建て,76年(天正4)8月15日最初のミサをささげた。織田信長の厚遇を得,80年安土に土地を賜って神学校(セミナリヨ)と教館Casaを建てた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルガンティーノ
おるがんてぃーの
Gnecchi-Soldo Organtino
(1530/1533―1609)

イエズス会士。イタリアのカスト・ディ・バルサビアに生まれ、1556年フェラーラでイエズス会司祭となった。1570年(元亀1)6月天草(熊本県)の志岐(しき)に上陸し、同年布教のために京都へ派遣、以後30年以上にわたって京都で活動を続け宇留岸伴天連(ウルガンバテレン)と愛称され親しまれた。織田信長の厚遇を受け、安土(あづち)に土地を得てセミナリオ(小神学校)と司祭館を建て、京都にも南蛮(なんばん)寺(教会)を建築した。日本人の優秀さを認め、日本文化への順応主義を唱え、布教長カブラルと対立した。1605年(慶長10)長崎のコレジオ(大神学校)に移り、1609年4月22日、長崎に没した。[宮崎賢太郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオルガンティーノの言及

【キリシタン】より

…畿内の諸領主と庶民は救霊を第一とした熱心な信者が多く,結城山城守忠正,高山父子,池田丹後守,小西父子等の武将が受洗し,彼らは畿内キリシタンの中核として教会を支え,70年(元亀1)以降の織田信長・豊臣秀吉時代に至るキリシタン興隆の礎となった。70年来日した布教長カブラルオルガンティーノを畿内に配し,同年および74年(天正2)に畿内巡察を行い信長に謁した。信長の政治的地位の上昇・確立に伴い教会勢力も増大し,77年3階建ての教会(南蛮堂,南蛮寺)が落成した。…

※「オルガンティーノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android