コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルフェ

4件 の用語解説(オルフェの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

オルフェ

1949年製作のフランス映画。原題《Orphée》。監督:ジャンコクトー、主演:ジャン・マレー

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オルフェ(〈フランス〉Orphée)

コクトーの戯曲。1925年執筆、1926年初演。ギリシャ神話オルフェウスの物語を下敷きとする作品で、舞台を現代化し、詩人オルフェと王女の愛と死を幻想的に描く。1949年には作者自身の監督により映画化。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

オルフェ【Orphée】

フランス映画。1949年製作。ギリシア神話オルフェウス伝説に題材を得た自作の同名戯曲(1927)を基に映画化したジャン・コクトー監督作品。オルフェ(J.マレー)が鏡を通して生と死の境界を往還する場面をはじめとして,自己の世界を語るために選ばれたスローモーション,逆回転の手法がG.メリエスを想起させる映画草創期のみずみずしさをたたえている。この作品は,アバンギャルド精神の宣言《詩人の血》(1930)と映像におけるポエジーの極致《オルフェの遺言》(1960)を主題上で結びつける位置にあり,コクトーが詩人としてだけではなく,偉大な映画作家の一人であることを雄弁に立証している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルフェ
おるふぇ
Orphe

フランスの作家ジャン・コクトーの一幕劇。1925年9月執筆、1926年6月ピトエフ一座により、パリ芸術座で初演、1927年出版。ギリシア神話のオルフェウス伝説を現代化してコクトー自身の詩観を述べた作品。詩人オルフェは不思議な白馬の告げる予言に迷い、妻ユリディスは毒殺される。詩人の名声をねたむ一派の謀略だが、ガラス屋に化身した天使ウルトビーズの援助で、妻を死の世界から連れ戻す。その途中、不注意のため妻はふたたび死に、オルフェは惨殺されるが、その結果、現世を超越した別世界で幸福な生活が始まる。
 生と死の領域を往来する鏡、美しい死神の行う手術、天使のガラス売りが空中に浮かぶ奇跡、ものいうオルフェの首など舞台幻覚をたっぷり使った「演劇の詩」である。「オルフェはぼくのファウストだ」と作者がいうように、この主題は後の自作の映画『オルフェ』(1949)に発展し、最後の映画『オルフェの遺言』(1959)に至って完成する。[曽根元吉]

映画

フランス映画。1949年作品。1951年(昭和26)、日本公開。脚本・監督はジャン・コクトー。ギリシア神話のオルフェウス伝説を題材に、コクトーが現代化した戯曲『オルフェ』(1925年執筆)を、ふたたび主題として取り上げ映画化した。詩人オルフェ(ジャン・マレー)が、カフェで逢った王女(マリア・カザレスMaria Casares、1922―1996)と愛と死=詩を巡って苦悶(くもん)する恋愛譚(たん)。オルフェは、死の国から妻ユリディスを見ないという条件で地上に戻るが、車のラジオで暗号を受信するとき、妻をバックミラー越しに見てしまい、彼女は消える。サンジェルマン・デ・プレ界隈の風俗から始まり、疾走するオートバイの使者におびえ、王女の優雅な美しさに魅せられ、呪文のような詩を聞き、生と死の通路を往還するのがオルフェである。処女作『詩人の血』(1930)以来、鏡、時間の逆行、スローモーションなどをさらに反復、大胆に展開した本作の主題は、遺作『オルフェの遺言』(1959)で無時間の夢想へと至る。[坂尻昌平]
『寺川博訳『オルフェ』(『コクトー名作集』所収・1979・白水社) ▽堀口大学訳『オルフェ』(『ジャン・コクトー全集7』所収・1983・東京創元社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオルフェの言及

【鏡】より

…フランツ・ウェルフェルの戯曲《鏡人》は,主人公と彼の分身としての鏡像との間に,ファウストとメフィストフェレスのような関係が成立する話である。そして映画《オルフェ》でコクトーは,鏡の向こうの世界を危険な魅力に満ちた死の国として描き,忘れがたい映像美をつくってくれた。L.キャロルの《鏡の国のアリス》も,鏡の人間にとって無限の問いかけを促す,苦い寓話として読まれるべきであるかもしれない。…

【コクトー】より

…小説家としては,死ぬ間際に死んだふりをするほど噓に忠実な《山師トマ》(1923),夢幻に遊びながら死に急ぐ少年少女の妖しい美しさを描いた《恐るべき子どもたち》(1929),この2作でその独自性を十分に味わえる。戯曲としては,人間と宿命との対比を扱ったギリシア風悲劇《オルフェ》(1925),女の孤独を痛切に感じさせる登場人物ひとりの異色作《声》(1930),秩序と無秩序の相克を通じて人間性が非人間的になりうることを示した《恐るべき親たち》(1939)をあげたい。評論集《雄鶏とアルルカン》(1918),《阿片》(1930),《在ることの困難》(1947)などは,コクトーの芸術論であると共にその人間観を述べた好個のエッセーである。…

※「オルフェ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オルフェの関連キーワードショア袋小路ヘッドライトアタラント号嘆きのピエロノー・マンズ・ランドフランケンシュタインの復讐フランス軍中尉の女まぼろしミモザ館

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オルフェの関連情報