コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オルフ オルフ Orff, Carl

6件 の用語解説(オルフの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オルフ
オルフ
Orff, Carl

[生]1895.7.10. ミュンヘン
[没]1982.3.29. ミュンヘン
ドイツの作曲家,指揮者,音楽教育家。 1914年ミュンヘン音楽院卒業,ドイツ各地で指揮活動をし,21年 H.カミンスキーに師事,その影響でルネサンスバロックの音楽に興味をもつ。 24年,ギュンター学校創設に助力し,J.ダルクローズの教育路線によって 35年まで教鞭をとる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オルフ(Carl Orff)

[1895~1982]ドイツの作曲家・教育家。「カルミナ‐ブラーナ」「賢い女」など、劇音楽に多数の作品を残した。音楽教育の分野でも活躍し、教則本「子供のための音楽」全5巻がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オルフ

ドイツの作曲家,教育家。ミュンヘンに生まれ,早くから作曲を始める。第1次世界大戦後ドイツ各地の歌劇場指揮者を務めたのち生地ミュンヘンで活動。1924年,リズム体操,古典舞踊,音楽を体系的に教える〈ギュンター学校〉の設立に協力し,以後も子どもの音楽教育に尽力した。
→関連項目カルミナ・ブラーナ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オルフ【Carl Orff】

1895‐1982
ドイツの作曲家,教育家。ミュンヘン高等音楽学校卒業後,ドイツ各地の歌劇場指揮者を歴任,1921年にミュンヘンに戻りH.カミンスキーに師事。24年D.ギュンターと協力し,体育,舞踊,音楽のためのギュンター学校を設立,以後音楽教育にも力を注ぐ。50‐55年ミュンヘン高等音楽学校主任教授,55年チュービンゲン大学,72年ミュンヘン大学から名誉博士号を授与された。オルフの主要作品はほとんど舞台を伴うものであり,音楽,言語,舞踊の統合をめざしてみずからの劇作品を〈世界劇〉と呼ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オルフ【Carl Orff】

1895~1982) ドイツの作曲家・音楽教育家。身体の動きと音楽の有機的結合を目指す教育理念を提唱。教材集「こどものための音楽」、カンタータ「カルミナ・ブラーナ」が有名。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オルフ
おるふ
Carl Orff
(1895―1982)

ドイツの作曲家、教育家。ミュンヘンの音楽アカデミーで学んだのち、指揮者として活動。1924年ギュンターとともに、体育、舞踊、音楽のためのギュンター学校を設立。音楽と身体の動きの結合を強調した新しい総合的音楽教育システム(いわゆるオルフ・システム)の実践に努めた。また、ミュンヘンのバッハ協会の指揮者、ミュンヘン高等音楽学校の作曲科教授等を歴任。作品はほとんど劇音楽で占められている。そこでは、ことばと音と動作の一体化が目ざされ、その点でギリシア古典劇の伝統を引くものであるといえる。主要作品は、三部作をなす舞台形式によるカンタータカルミナ・ブラーナ』(1937)、『カトゥッリ・カルミナ』(1943)、『アフロディテの勝利』(1953)、オペラ『賢い女』(1943)、『専制王エディプス』(1959)、『プロメテウス』(1968)など。またオルフ・システムの教則本は数か国語に翻訳され、世界中で広く使用されている。[寺田由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオルフの言及

【カルミナ・ブラーナ】より

…いわゆるバガンテンVaganten(遍歴学生,放浪学生)文学の代表的コレクションとして文学史研究に重要な資料を供するだけでなく,一部の歌詞には譜線のないネウマneuma(中世の音符)がそえられている。C.オルフは25の詩を選び,1937年同名の舞台形式カンタータを作曲した。最新のテキスト刊行は70年西ドイツで完成。…

※「オルフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オルフの関連キーワードフンパーディンクニューミュンヘンミュンヘン室内管弦楽団ミュンヘン・バッハ管弦楽団ミュンヘン・プロ・アルテ室内管弦楽団ミュンヘン放送管弦楽団ミュンヘンマラソンミュンヘン・バレエ団ミュンヘンビールフィッツナー

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オルフの関連情報