コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレステス オレステス Orestes

翻訳|Orestes

8件 の用語解説(オレステスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレステス
オレステス
Orestes

ギリシア神話の英雄。トロイ戦争におけるギリシア方の総大将だったアガメムノンと妃クリュタイムネストラの子。トロイから帰国した父が,母と愛人のアイギストス両名に殺されたとき,まだ幼少だった彼は,姉のエレクトラの助けでフォキスに住む伯父のストロフィオスの宮廷に逃れ,そこで従兄弟ピュラデスと固い友情に結ばれ成長した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

オレステス(Orestēs)

ギリシャ神話で、ミケーネアガメムノンクリュタイムネストラの子。姉エレクトラの助けを受け、父を暗殺した母とその情夫を討って復讐(ふくしゅう)を遂げた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

オレステス

ギリシア伝説上の人物。アガメムノンの子。父の非業の死後,国外にのがれ,成長して帰国,姉エレクトラとともに母クリュタイムネストラとその情夫アイギストスを殺して復讐(ふくしゅう)する。
→関連項目アイギストスイフィゲネイアオレステイア三部作

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

オレステス【Orestes】

?‐476
西ローマ帝国末期のローマ人将軍。パンノニアに住んでいたが,その地方がアエティウスによってフンに割譲され,448年ころにはアッティラ王の書記を務めた。その後,西ローマ軍に入り,475年にネポス帝によって全軍司令官の地位とパトリキウスの称号を与えられたが,同年8月謀反を起こして同帝をダルマティアに退去させ,息子ロムルス(ロムルス・アウグストゥルス)を西帝位に挙げて実権を握った。しかし翌476年,ゲルマン傭兵隊の土地分割要求を拒んだためオドアケルを長とする兵たちの反乱を招き,8月28日プラケンティアで殺された。

オレステス【Orestēs】

ギリシア伝説で,ミュケナイアガメムノンと妃クリュタイムネストラの子。トロイア戦争から凱旋した父を母とその情人アイギストスAigisthosが謀殺したとき,まだ少年だったオレステスは姉エレクトラ手引きで叔父のフォキス王のもとに逃れ,いとこのピュラデスPyladēsとともに育てられる。成人後,父の仇を報ぜよとのアポロンの神託をうけた彼は,生涯の友となったピュラデスと故国に帰り,母とその情人を討った。

オレステス【Orestēs】

前408年にアテナイで上演されたエウリピデス作の悲劇。父アガメムノンの仇を討った後のエレクトラとオレステスの姉弟を扱っている。親殺しの罪ゆえに危機に陥った2人は,トロイアからヘレネを伴って帰国したアガメムノンの弟メネラオス救いの手を求めるが拒否され,彼らの一族に不幸をもたらした元凶ヘレネの殺害にも失敗する。狂ったオレステスは,メネラオスの娘ヘルミオネを奪い,喉に刃をつきつけ,かけつけたメネラオスに,人質をとって追いつめられた犯人のごときふるまいを見せる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

オレステス【Orestēs】

ギリシャ伝説中の人物。ミュケナイ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの子。エレクトラ・イフィゲネイアの兄弟。父を殺した母とその情夫アイギストスに復讐する。この仇討ちを題材にした悲劇作品には、アイスキュロスの「オレステイア三部作」、ソフォクレスの「エレクトラ」、エウリピデスの「エレクトラ」「オレステス」がある。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オレステス
おれすてす
Orests

ギリシア神話の英雄アガメムノンとクリタイムネストラの子で、父を殺した母親と姦夫(かんぷ)アイギストスに対して復讐(ふくしゅう)を果たした。この物語は古代ギリシア悲劇『オレステイア』として知られる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のオレステスの言及

【ローマ】より

…次のアンテミウス(在位467‐472)は東帝から送り込まれた皇帝であるが,リキメルと対立して殺され,リキメルもその6週間後に死んだ。次の皇帝ネポス(在位474‐475)も東から送り込まれたが,彼も将軍オレステスに追い出され,オレステスは息子ロムルス・アウグストゥルスを帝位に就けた。しかし,同盟部族との交渉が決裂してスキラエ人将校オドアケルはオレステスを殺し,ロムルス・アウグストゥルスを廃位した(476)。…

【アトレウス家伝説】より

…10年に及ぶ遠征から凱旋したアガメムノンは,その間アイギストスと密通した妻クリュタイムネストラに謀殺された。しかしこの両者もアガメムノンの遺子オレステスとその姉エレクトラによって非業の死を遂げた。そのことで実母殺しを犯したオレステスは狂気に陥り,復讐神の追跡を受けたが,法と秩序の神アポロンの弁護のもとアテナイ法廷の裁きで無罪とされ,呪われた一族にまつわる罪と罰との長い連鎖はとざされた。…

【エレクトラ】より

…(3)ミュケナイ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの娘。トロイア戦争から凱旋した父を母とその情人アイギストスAigisthosが謀殺したとき,幼い弟オレステスを国外に逃し,成人してからいとこのピュラデスPyladēsとともに故国に戻った弟と力をあわせて父の仇を討った。アイスキュロスの〈オレステイア三部作〉,ソフォクレスおよびエウリピデスの《エレクトラ》などの悲劇作品でよく知られる。…

【オレステイア三部作】より

…作者は三部作という構成によって,数世代にわたり神と人とがかかわり合う壮大な悲劇の舞台を作り出した。この劇は素材をトロイア伝説から取り,オレステスによる父の仇討のための母殺しというテーマを取り上げている。アトレウスの一族の血で血を洗う復讐劇に正義の観点から光を当て,その部族社会的な近親者の手による報復の掟から脱却して,市民社会にふさわしい新しい倫理と解決方法を模索する。…

【クリュタイムネストラ】より

…ヘレネの姉妹。夫がトロイアをめざすギリシア艦隊の出帆を可能ならしめるために娘のイフィゲネイアを犠牲に供したことを恨んだ彼女は,夫の出征中に通じた義理の従兄弟のアイギストスAigisthosと謀り,10年ぶりに凱旋した夫を,婢妾として連れ帰ったトロイア王女カッサンドラもろともに殺害したが,のち息子のオレステスに討たれた。【水谷 智洋】。…

【エウリピデス】より

…彼の作品は92編あったと伝えられるが,現存作品はサテュロス劇《キュクロプス》と偽作《レソス》を含めて19編である。そのうち上演年代が確定している作品は,《アルケスティス》(前438),《メデイア》(前431),《ヒッポリュトス》(前428),《トロイアの女》(前415),《ヘレネ》(前412),《オレステス》(前408)である。他の現存作品は《ヘラクレスの子ら》《アンドロマケ》《ヘカベ》《救いを求める女たち》《ヘラクレス》《イオン》《エレクトラ》《タウリケのイフィゲネイア》《フェニキアの女たち》,そして遺作《バッコスの信女》と《アウリスのイフィゲネイア》であるが,これらは皆《メデイア》以後に上演されている。…

【オレステス】より

…ギリシア伝説で,ミュケナイ王アガメムノンと妃クリュタイムネストラの子。トロイア戦争から凱旋した父を母とその情人アイギストスAigisthosが謀殺したとき,まだ少年だったオレステスは姉エレクトラの手引きで叔父のフォキス王のもとに逃れ,いとこのピュラデスPyladēsとともに育てられる。成人後,父の仇を報ぜよとのアポロンの神託をうけた彼は,生涯の友となったピュラデスと故国に帰り,母とその情人を討った。…

※「オレステス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

オレステスの関連キーワード神聖ローマ帝国西ローマ帝国東ローマ帝国ローマンローマ帝国ローマンノーズ古代ローマ帝国中世ローマ帝国ローマンブリテンローマ・ガラス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

オレステスの関連情報