コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オレンブルグ Orenburg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オレンブルグ
Orenburg

1938~57年はチカロフ Chkalov。ロシア西部,オレンブルグ州の州都。ウラル山脈南西麓,サクマラ川がウラル川に流入する地点に位置する。 1735年,現在オルスク市があるオリ川とウラル川の合流点にオレンブルグ要塞として建設されたが,43年航行に便利な現在地に移転,「オリ川岸の町」を意味するオレンブルグはそのまま市名として使用された。当初は南のステップ地帯の遊牧民族に対する軍事拠点であったが,中央アジアとの交易が盛んになるにつれて商業・交易中心地になった。特に 1870年代サマーラより南東へ延びる鉄道が市を通って遠くカザフスタンのステップまで敷設されたことにより,市はヨーロッパロシア中部とカザフスタン,中央アジアを結ぶ重要な中継地となり,製粉工業も興った。第2次世界大戦中,西のほうから疎開してきた工場をもとに工業が発展しはじめ,現在,機械 (水圧機,工作機械,冷凍設備) ,化学 (肥料,合成油脂,ゴム製品) ,食品 (食肉,製粉) ,配合飼料,皮革,絹織物などの工業が発達している。教育,医学,農業の各大学や美術館,郷土博物館がある。鉄道交通の要地で,空港もある。人口 54万6987(2010)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オレンブルグ

ロシアの都市。ウラル山脈南西部,ウラル川に面し,鉄道交通の要地。1938年―1957年チカロフと称した。機械・製粉工業が行われる。1735年城砦(じょうさい)として創設。
→関連項目ウラル[川]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オレンブルグ【Orenburg】

ロシア連邦,ヨーロッパ・ロシアの南東部,同名州の州都。人口55万5000(1993)。1938‐57年間はチカロフと呼ばれた。ウラル山脈の南端に位置し,1735年,ウラル川とオリ川の合流点(現,オルスク市)に要塞として創建されたが,43年,北方の現在の地点に移り,オレンブルグ軍事境界線上の要地となった。元来はウラル・コサックの地で,ロシアと中央アジアを結ぶ交易の中心地であった。73年10月から翌年3月まで,プガチョフ軍が占拠。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オレンブルグ
おれんぶるぐ
Оренбург Orenburg

ロシア連邦西部、オレンブルグ州の州都。ウラル山脈南西、ウラル川の川岸にある工業都市。人口53万2000(1996)。1743年、ステップ(短草草原)地帯の遊牧民に備える要塞(ようさい)が建設されたのが始まりで、のち中央アジアとの交易の中心として発達した。19世紀後半の鉄道開通とともに重要性が増し、農産物加工業もおこった。ロシア革命(1917)後、とくに第二次世界大戦時、西部から送られてくる精肉の加工工場をもとに工業が発展した。主要な工業はガス・石油採掘のほか、工作機械、水圧機、トラクター、コンバイン部品製造、製粉、配合飼料、油脂、食肉、肥料、皮革、絹織物工業である。工科、医科、農業、教育の各大学、郷土博物館、造形美術館がある。鉄道の分岐点で、空港もある。1938~57年にはチカロフЧкалов/Chkalovと称した。[中村泰三]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

オレンブルグの関連キーワードバシコルトスタン[共和国]ユーリイ ガガーリンチェルノムイルジンG. マレンコフアクチュビンスクウラル[山脈]メドノゴルスクプガチョフの乱第二バクー油田クズイルオルダノボトロイツクチムケント州アクサーコフブグルスランウラル[川]アクチュベマレンコフボンダレフサマーラ川ミハイロフ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android