コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンタデ

百科事典マイペディアの解説

オンタデ

イワタデとも。タデ科多年草。本州中部以北の高山の砂礫(されき)地にはえ,千島,樺太にも分布。茎は直立し,高さ80cm内外,卵形で長さ10〜20cmの厚い葉を互生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オンタデ【Polygonum weyrichii Fr. Schm.var.alpinum Maxim.】

高山の岩礫地(がんれきち)に生える雌雄異株のタデ科の多年草(イラスト)。別名のイワタデは岩場に生えることを示す。根はゴボウ状に肥大し,深く岩礫の中に入る。その上端部の根茎に多くの芽をもち,通常1ないし数個の芽が生長して茎を生じる。茎は直立し,高さ30~100cm,太く上部で分枝する。葉は互生し,卵状で鋭尖頭,基部は円形かくさび形,葉質は厚く,長さ8~18cm。葉鞘(ようしよう)は膜質,花期は7~8月,花は枝の先に大きな円錐花序につく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オンタデ
おんたで / 御蓼
[学]Polygonum weyrichii Fr. Schm. var. alpinum Maxim.

タデ科の多年草。別名イワタデ、ハクサンタデ。地下茎は深く地中に入り、茎は太く、分枝し、高さ20~80センチメートル、緑色または淡紅紫色で無毛。葉は有柄で互生し、卵形で先はとがり、長さ8~17センチメートル、質は厚く、葉鞘(ようしょう)は膜質。雌雄異株。花期は7~8月、枝先に大きな円錐(えんすい)花序をつくり、花被(かひ)は帯緑黄色で長さ2.5ミリメートル、雄しべは10本内外。痩果(そうか)は倒卵形で長さ6~8ミリメートル、翼が暗褐色で光沢があり、花被より長い。中部地方以北の本州、北海道の高山の砂礫(されき)地に生え、樺太(からふと)(サハリン)、千島にも分布する。名は長野県の御嶽山(おんたけさん)に由来する。母種のウラジロタデは、オンタデよりやや北地に産し、葉裏が白毛に覆われている。[小林純子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオンタデの言及

【タデ(蓼)】より

…狭義にはヤナギタデをさし,広義にはタデ科タデ属Polygonum(英名smartweed,knotgrass,knotweed)のヤナギタデに類似した植物(イヌタデサクラタデオンタデなど)を総称する。 〈蓼食う虫も好き好き〉の語源となった葉の辛いヤナギタデP.hydropiper L.(英名water pepper)(イラスト)はタデ科の一年草で,マタデ,ホンタデとも呼ばれ,葉の辛い真正のタデを意味する。…

※「オンタデ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オンタデの関連キーワードウラジロタデタデ(蓼)高山草原

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android