コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オンド・マルトノ(英語表記)ondes martenot

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オンド・マルトノ
ondes martenot

フランスのモーリス・マルトノ (1898~1980) が発明,1928年に公開された電子鍵盤楽器。チェレスタに似ているが,音色や音程の微妙な変化が可能で,オネゲルミヨーメシアン,バーバーらがこの楽器を用いて作曲している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

オンド・マルトノ

フランスのマルトノMaurice Martenotが1928年に発表した電気楽器。オンド・ミュジカルとも。単音楽器で,鍵盤(けんばん)演奏のほか,鍵盤の手前にあるコードについた金属製の指輪をはめて左右にすべらせるとポルタメントも奏せる。鍵盤を押さえたまま指を左右に動かすとビブラートがかかる。左手でフィルターを操作し,音色と音量を調節。スピーカーは本体とは別に置かれ,普通のコーン形のほか,特殊なパルム・スピーカーやメタリック・スピーカーを用いる。1947年以降パリ音楽院(コンセルバトアール)で正規に教えられ,バレーズオネゲルジョリベメシアンなどの作曲家がこの楽器を用いた作品を書いている。オネゲルのオラトリオ《火刑台上のジャンヌ・ダルク》,メシアンの《トゥーランガリラ交響曲》はことに有名。
→関連項目シュミット

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オンド・マルトノ
おんどまるとの
Ondes MartenotOndes musicales

フランスのマルトノMaurice Martenot(1898―1980)によって発明された単音の電子鍵盤(けんばん)楽器。周波数80キロヘルツに固定したオシレーターと周波数を変えうるオシレーターによって異なる音がスピーカーから発せられ、それらの自由な組合せでさまざまな音色が生み出せる。周波数のコントロールは鍵盤によって行い、ビブラートやポルタメントもかけられる。音域は5~7オクターブ。オネゲル、イベールなどフランス系の作曲家がこの楽器を用いた作品を多く書いており、なかでもメシアンの『トゥランガリラ交響曲』(1948)はこの楽器を用いた例として有名である。シンセサイザー以前のもっとも傑出した電子楽器の一つといえる。[川口明子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のオンド・マルトノの言及

【電気楽器】より

…他の電気楽器と区別して〈電子楽器〉とも呼ばれる。〈テレミン〉(1920),〈オンド・マルトノ〉(1928)が古い。パイプ・オルガンを見本として出発し,現在ではまったく独自の楽器となって急速に普及している電子オルガンの類や,多様な音が自由に合成できるように種々の機能回路を網羅したミュージック・シンセサイザー(シンセサイザー)の類があげられる。…

【電子楽器】より

…この名前から命名された)によって造られた。同年,フランスではマルトノMaurice Martenot(1898‐1980)が金属の指輪をつけたリボンを動かして周波数を制御する〈オンド・マルトノ〉を考案し,鍵盤についても特許をとった。スピーカーの前に弦を張った発音体などもくふうして種々の音色の効果を得ており,この楽器を用いた作品は多い。…

※「オンド・マルトノ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オンド・マルトノの関連情報