コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カイセリ Kayseri

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カイセリ
Kayseri

古代のマザカ,ローマ時代のカエサレアトルコ中央部,エルジヤス火山 (3916m) 山麓,標高 1043mの平原に位置する。同名県の県都。古くからカッパドキア諸王の王宮の地であったが,1世紀頃ローマのカッパドキア属州の首都となった。 1080年頃セルジューク・トルコに占領され,モンゴル,トルクメンの支配を経て,1397年オスマン帝国領となった。しかし,チムールやエジプト,シリアに侵略され,1515年再びオスマン帝国領に確定した。ローマ時代にさかのぼる城塞や,13世紀のモスクなどが現存する。重要な農産物の集散地であるが,急速な工業化が行われ,特に砂糖,セメント,織物,航空機備品などが製造されている。なお,金細工や絨毯製造の中心地でもある。アンカライスタンブールとは空路で,アナトリア諸都市とは鉄道や道路で結ばれている。人口 42万 1362 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カイセリ(Kayseri)

トルコ中央部の都市。エルジエス山の北麓に位置する。古代名マザカ。現名称は古代ローマ時代に皇帝ティベリウスが名付けたカエサレア(皇帝カエサルの町)に由来する。交通の要衝であり、中部アナトリアにおける商業の中心地。11世紀から13世紀にかけて栄え、セルジューク朝時代に築かれたカイセリ城やルームセルジューク朝の霊廟ドネルキュンベットなどがある。オスマン帝国時代の宮廷建築家ミマール=スィナンの生地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

カイセリ

トルコ中部の古都で同名県の主都。アレクサンドロス大王時代にはカッパドキアの主都。古名はカエサレイア,マザカなど。トルコ縦貫鉄道上の要地で,古くから南北の交易都市として繁栄した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カイセリ【Kayseri】

トルコ中央部,アナトリア高原に位置する同名県の県都。人口45万4000(1994)。古くからの交易の中心地で,カッパドキア王国の首都マザカMazakaであり,ギリシア語でカイサレイアKaisareia,ローマ時代にはカエサレアCaesareaともよばれた。4世紀には主教座がおかれた。11世紀以降,トルコ系諸族の侵入を受け,15~16世紀には,オスマン帝国,カラマン侯国,サファビー朝らの攻防の地となり,17世紀にはジェラーリー諸反乱によって一時荒廃した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カイセリ
かいせり
Kayseri

トルコの小アジア半島中央部にある都市。カイセリ県の県都。エルジエス火山(3916メートル)の北麓(ほくろく)、標高1055メートルに位置する。人口53万6392(2000)。小麦、果実などを集散し、製粉、製糖、食料品、繊維などの工業も発達する。鉄道・道路交通の要衝で、エルジエス火山や、西方に洞窟(どうくつ)住居で有名なギョレメ地方を控え、観光の拠点でもある。ローマ時代にはカエサレアとよばれ、カッパドキア地方の首都として発展した。市内には、セルジューク朝の13世紀に築かれた城塞(じょうさい)などの史跡があり、考古学博物館、エルジエス大学がある。[末尾至行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カイセリの関連キーワードカエサレア[カッパドキア]ブルハネッディンアブドラ ギュルキュルテペ遺跡アンカラの戦キュルテペパリアンカネシュギュルシワスシナン

カイセリの関連情報