カウチ(英語表記)Kautzsch, Emil

  • couch

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

[生]1841.9.4.
[没]1910.5.7.
ドイツの旧約聖書学者。ライプチヒ大学私講師,同旧約聖書学助教授,バーゼル,テュービンゲン,ハレ各大学の旧約聖書学教授を歴任。基本的にはウェルハウゼンの立場に立つ。旧約聖書の翻訳およびゲゼニウスの『ヘブライ語文法』の改訂版を出版した。特に後者は,今日なお標準的文法書として評価されている。また,ドイツ・パレスチナ問題研究協会の創始者の一人でもある。主著"Grammatik des Bibl.-Aramäischen" (1884) ,"Die Apokryphen und Pseudepigraphen des AT" (2巻,1900) ,"Die Aramäismen im AT" (02) ,"Biblische Theologie des AT(postum)" (11) 。
椅子一種一方の端に背と頭をもたせかける傾斜した背もたれがついている形式のもの。デイベッドと混同して呼ばれることもある。中世ベッド呼称としても使われていた。一種の休息用ベッド。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

低い背もたれと肘掛けが片側にだけある休息用の長椅子。寝椅子。これに横たわってポテトチップスをかじりながらテレビやビデオを見て余暇を過ごすことを〈カウチポテト〉という。他人との交際を好まず,自分一人の世界を作って楽しむライフスタイルとして,1980年代の米国ではやった。
→関連項目椅子

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

昼間の休息用寝いすの総称。デイ・ベッドday bedともいう。すでに古代ギリシアの市民家庭においては,食事や談合のときに用いられる四脚式の長い臥面の一端にひじ掛けまたは頭架用の設備と長枕,マットを備えたクリネーとよばれる寝いすがあった。ローマ時代にも食堂にブロンズ製のレクトゥスとよばれるカウチが用意され,横になった姿勢で食事をした。カウチは古代ギリシア・ローマ以後久しく絶えていたが,イギリスでは16世紀前半,ヘンリー8世の時代に,格式ばった大型ベッド代りに,日中の休息のため低い背もたれが長いすの一端についたカウチがあらわれた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ソファの一種。寄りかかって休息しやすいように、一方の肘(ひじ)掛けが傾斜して大形になっているもの。昼間に気楽に横たわるのに使う。寝台とソファとの中間的な役目をもつ。18世紀ごろからイタリアやフランスで使われ始めた。これと似たものにデイ・ベッドday bedがある。

[加藤 力]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

マスターズトーナメント

1934年 B.ジョーンズと A.マッケンジーにより創設されたゴルフトーナメント。毎年4月第2週にジョージア州オーガスタのナショナルコースで行なわれ,「マスターズを制する者は世界を制する」といわれるほ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android