コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カグラコウモリ カグラコウモリHipposideros turpis; leaf-nosed bat

3件 の用語解説(カグラコウモリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カグラコウモリ
カグラコウモリ
Hipposideros turpis; leaf-nosed bat

翼手目カグラコウモリ科。前腕長 6.5cm,体長 8cm内外。体毛が長く,体上面はチョコレート色,下面は琥珀色。キクガシラコウモリに似るが,やや大きい。顔の中央に四辺形の皮膚のひだがある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カグラコウモリ【leaf‐nosed bat】

顔の中央に神楽の面に似た四辺形の鼻葉(びよう)がある翼手目カグラコウモリ科カグラコウモリ属Hipposiderosに属する哺乳類の総称。アフリカ,南アジア,オーストラリアの熱帯,亜熱帯に約60種が分布している。日本のヤエヤマカグラコウモリH.turpisは国内では石垣島,西表(いりおもて)島,与那国島にのみ分布し,固有種と思われていたが,近年,タイにも生息することが明らかになった。体長7cm前後,前腕長6.5cm前後,体重25~31g。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カグラコウモリ
かぐらこうもり / 神楽蝙蝠
Ryukyu leaf-nosed bat
[学]Hipposideros turpis

哺乳(ほにゅう)綱翼手目カグラコウモリ科の動物。八重山(やえやま)列島の特産種で、石垣島、西表島(いりおもてじま)、与那国島(よなぐにじま)にのみ分布する。頭胴長7.9センチメートル、前腕長6.9センチメートル、翼開長35センチメートル以上。キクガシラコウモリに似て鼻葉は前・中・後の3葉からなるが、キクガシラコウモリにみられる中央突起を欠く。後鼻葉は複雑で、その後縁には3突起があり、波状をしている。雄には後鼻葉の後方にろうのような黄色っぽい分泌液(働きについてはよくわかっていない)を出す前頭嚢(ぜんとうのう)が発達する。後ろ足の指骨は各2個で、これもキクガシラコウモリの3個と異なる。体表面の前半部は淡い黄褐色で、後半部は濃いセピア色をしている。洞穴に群れで生息し、ときに2000頭近くの大群をつくる。日没前にねぐらを離れて採食場に向かい、昆虫を捕食する。
 本種が属するカグラコウモリ科のものはアジア南部、オーストラリア、アフリカの熱帯・亜熱帯に分布し、約60種が知られる。台湾、中国からインドにかけては、タイワンカグラコウモリH. armigerがすむ。[吉行瑞子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone