コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスケードシャワー カスケードシャワー cascade shower

3件 の用語解説(カスケードシャワーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カスケードシャワー
カスケードシャワー
cascade shower

高エネルギーの電子,陽電子,光子が物質中で電子,陽電子の制動放射と光子の電子対生成とを反復して多数の電子,陽電子,光子を段階的に増殖する現象。電子シャワー電磁シャワーともいい,カスケードシャワーを発生する過程を電磁カスケード過程という。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

カスケード‐シャワー(cascade shower)

高エネルギーの電子または光子が物質内に入射し、電子は光子を、光子は電子対(でんしつい)をつくり、これを交互に繰り返して多数の電子や光子が増殖される現象。原子核乾板などでは滝の飛沫のように見える。宇宙線のものは空気シャワーともいう。電子シャワー。電磁シャワー。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

カスケードシャワー【cascade shower】

高エネルギーの電子・光子が物質層に入射して鼠算ねずみざん的に多数の粒子をつくる現象。電子の制動放射による光子の生成、光子による電子 - 陽電子の対つい生成が交互に繰り返されて、電子・陽電子・光子が多数増殖し、原子核乾板上ではその飛跡が滝(カスケード)の飛沫状を呈する。電磁カスケード-シャワー。 → 空気シャワー

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カスケードシャワーの関連キーワード高エネルギー物理学高エネルギーリン酸結合高エネルギー加速器研究機構高エネルギー燐酸結合HEAO高エネルギー燐酸化合物高エネルギー結合高エネルギー食品高エネルギー輸液高エネルギーリン酸化合物