カスティリオーネ(Baldassare Castiglione)(読み)かすてぃりおーね(英語表記)Baldassare Castiglione

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスティリオーネ(Baldassare Castiglione)
かすてぃりおーね
Baldassare Castiglione
(1478―1529)

イタリアの文学者、外交官、伯爵。マントバの近くに生まれる。ミラノで人文主義的教養を修める。ルドビコ・イル・モロやフランチェスコ・ゴンザーガに仕える。ウルビーノ公爵に招かれてその宮廷に仕え、ヘンリー7世やルイ12世のもとに使節として赴く。ついでフランチェスコ・デッラ・ロベーレに仕え、ローマに派遣される。1524年教皇使節としてスペインのカール5世のもとに送られたが、カール5世の傭兵(ようへい)軍がローマを荒らしたため(1527)、教皇庁の不興を買う。トレドで死去。主著『宮廷人の書』4巻(1528)は、ウルビーノの宮廷で行われたと想定される対話に基づき、宮廷人の理想を論じている。

[佐藤三夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android