コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カステルガンドルフォ カステルガンドルフォCastel Gandolfo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カステルガンドルフォ
Castel Gandolfo

イタリア中西部,ラツィオ州ローマ県,ローマの南東約 22km,アルバノ丘陵にある村。古代ラチウムの都市アルバ・ロンガの地。アルバノ湖を見おろす位置にある。ローマ教皇の避暑地で,教皇の宮殿 (17世紀) ,美しい庭園とバルベリーニ邸がある。バチカンにより 1936年ここに天文台が造られた。人口 6784 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カステル‐ガンドルフォ(Castel Gandolfo)

イタリアの首都ローマ南東部、カステリロマーニ地方の町の一。アルバーノ湖という火山起源のカルデラ湖に面する。17世紀初頭に教皇庁領になり、ローマ教皇の夏の離宮であるガンドルフォ城が建造された。桃の産地として有名で、毎年8月に桃祭りが催される。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

カステルガンドルフォの関連キーワードウルバヌス(8世)アルバノ山地ラチオ[州]ピウス12世バチカン市国ナトアール名誉教皇ロッシ

今日のキーワード

吝か

[形動][文][ナリ]1 (「…にやぶさかでない」の形で)…する努力を惜しまない。喜んで…する。「協力するに吝かではない」2 思い切りの悪いさま。「民衆も天才を認めることに―であるとは信じ難い」〈芥川...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カステルガンドルフォの関連情報