コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カスリーン台風 カスリーンたいふう

4件 の用語解説(カスリーン台風の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

カスリーンたいふう【カスリーン台風】

1947年(昭和22)9月、東海道沖から房総半島の南端をかすめて進んだ台風。雨台風で、関東地方に大水害をもたらした。全国の死者・行方不明者は約一九〇〇人。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

カスリーン台風

47年9月、関東地方を襲い、全国で死者・不明者1930人の被害をもたらした。県などによると、県内では利根川や荒川の堤防が124カ所で決壊。当時の県内316市町村のうち7割以上が被害を受けた。死者86人、負傷者1394人、行方不明者10人。家屋の被害は流失392戸、全壊726戸、床上浸水は4万4610戸、床下浸水も3万4334戸に達した。

(2008-05-02 朝日新聞 朝刊 埼玉 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

カスリーン台風

1947年の9月に発生した台風9号の国際名。利根川での堤防決壊、北上川の氾濫など、関東・東北地方に大きな被害をもたらし、全国の死者数は1077名にものぼった。「キャサリン台風」とも。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カスリーン台風
かすりーんたいふう

1947年(昭和22)9月15日に東海道沖から房総半島の南端をかすめて北東進した台風。沖ノ鳥島付近から北上してきたこの台風は、東海道沖に達したころから勢力をやや失い、中心付近の最大風速も20メートルくらいとなって、風による被害は少なかった。しかし、前線により9月13日から降っていた雨は、台風の接近とともに強まり、関東、東北、北海道に水害をもたらした。いわゆる雨台風である。とくに関東地方の西部および北部の山地では記録的な豪雨となり、土石流や河川の氾濫(はんらん)が多発した。利根川(とねがわ)は栗橋(くりはし)付近で堤防が決壊し、濁流が江戸川へ流入したため、東京、埼玉では大水害となった。このときの洪水の水が引いたのは10月中旬になってからである。また、東北地方では北上川(きたかみがわ)が氾濫して大きな被害が発生した。この台風による全国の死者・行方不明者は1930人にも達した。この台風が契機となって、建設省(現、国土交通省)、農林省(現、農林水産省)、中央気象台(現、気象庁)などが協力して洪水予防組織がつくられた。
 カスリーンKathleen台風の名の由来は、第二次世界大戦後に連合軍気象隊が、台風の発生順序に従ってABC……の頭文字をもつ女性名をつけていったことによる。[饒村 曜]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カスリーン台風の関連キーワード地方巡業巡業埼玉やまべ襲い掛る慶長の大地震季節限定ぴあ 関東版湯楽の里チリ津波

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カスリーン台風の関連情報