コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カテナ カテナ catena

翻訳|catena

4件 の用語解説(カテナの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カテナ
カテナ
catena

特定の土壌地域内で,同様な土壌母材から生成したが起伏または排水条件の違いによって,土壌の特徴が異なっている現象。最もよく用いられるのは,カテナの概念の最初の提唱者 G.ミルンが 1935年北アフリカで行なった地形の変化に対応する土壌型の細分類である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

カテナ
カテナ

パソコン販売を主体にソフト周辺機器の開発・販売も行うコンピュータ総合サービス会社。 1968年カテナビジネスサービスとして設立,データ入力サービス業務を開始。コンピュータの急発展に伴って,オペレータ派遣をはじめ,77年ソフトウエアの開発,80年 OA機器販売と事業を拡大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典の解説

カテナ

地形に起伏のある地域では,丘の頂から谷へと種類を異にする土壌が順次現れる.この土壌の順序は等高線を横切り,起伏に伴って繰り返し認められ,その結果類似した土壌がある程度の規則的な間隔をもって繰り返し現れることになる.この現象をミルンはカテナと名付けた[Milne : 1935, 木村ほか : 1973].しかしこの語の使用は混乱したためtoposequenceという語が用いられた[Ollier : 1909].普通にはカテナは異なった条件で同時に発達する土壌が共生している場合に用いられるが,現在では厳密な定義は土壌学者の間でも一致していない.ラテン語catenaは鎖の意味.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

カテナ

正式社名「カテナ株式会社」。英文社名「CATENA CORPORATION」。卸売業。昭和43年(1968)「株式会社カテナビジネスサービス」設立。同60年(1985)現在の社名に変更。本社は東京都江東区潮見金融機関向けに実績のあるシステム開発システムインテグレーションを行う。パソコン関連商品の販売も。東京証券取引所第2部旧上場。平成22年(2010)システムプロ(現システナ)による吸収合併にともない上場廃止

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カテナの関連キーワード海底地形カテーナ乾燥地形クロスカントリー山地卓状地老年期地形朝風暈渲式終地形

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カテナの関連情報