コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カドゥナ Kaduna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カドゥナ
Kaduna

ナイジェリア中北部の都市。アブジャの北 160km,カドゥナ河畔,標高 650mのサバナ地帯に位置。 1913年イギリスの総督 L.ラガードにより,イギリス保護領北部ナイジェリア首都として建設され,17年にノースセントラル州の州都がズンゲルから遷都。 54~67年北部ナイジェリアの首都。大規模な綿紡工業があり,ほかに醸造,清涼飲料,家具,自動車組立てなどの工場がある。ラゴスポートハーコートから北上する2本の鉄道の交点で,綿花,ナンキンマメ,皮革,ギニアコーン,ミレット,コーラナッツなどの集散地。国内空港がある。人口 30万 1900 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

カドゥナ(Kaduna)

ナイジェリア中北部の都市。カドゥナ州の州都。カドゥナ川沿いに位置し、ハウサ語で「ワニが住む土地」を意味する。20世紀初めに英国よって建設された計画都市であり、北部ナイジェリア保護領の首都が置かれた。ラゴスポートハーコートと鉄道で結ばれる交通の要地であり、工業・軍事都市として知られる。カドゥーナ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

カドゥナ【Kaduna】

西アフリカのナイジェリア中央北部にある都市。人口33万4000(1995)。カドゥナ川流域のサバンナ地帯に1913年イギリスが建設した政治都市で,17年北部州の州都となった。その後商工業が発達し,北方の都市カノから連邦の首都ラゴスやポート・ハーコートに通ずる鉄道も開通し,最近は日本資本との合弁による紡績工場など,各種の軽工業の中心となっている。【西野 照太郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カドゥナ
かどぅな
Kaduna

西アフリカ、ナイジェリア北部のカドゥナ州の州都。人口33万3600(1995)。カドゥナとは「ワニのすむ土地」という意味である。20世紀の初め、一時、北部ナイジェリアの首都が置かれた計画都市で、街並みは整然としている。ラゴスおよびポート・ハーコートに至る幹線鉄道の分岐点に位置し、繊維工業、石油精製工場をはじめとする多くの近代工業が立地している。軍工廠(ぐんこうしょう)や防衛研究所があり、軍事都市としても知られる。[島田周平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カドゥナの関連キーワードフィオナ フラートン世界のおもな博物館シャガリブハリザリアヌペ族

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android