コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カナリア カナリア Serinus canaria; Atlantic canary

7件 の用語解説(カナリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カナリア
カナリア
Serinus canaria; Atlantic canary

スズメ目アトリ科。全長 10~14cm。喉から胸腹部がくすんだ黄緑色,頭上から上背面,尾は灰色ないし灰黄色。背面と側腹に灰色の縦斑がある。羽色家禽化されたカナリア代名詞ともなっている黄色の品種と比べると,たいへん地味である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カナリア

アトリ科の鳥。野生種はアフリカ北西方のカナリア,マデイラ,アゾレス各諸島の原産。翼長7cm,背面黄褐色に黒斑,腹面は黄色でノジコに似る。14世紀ごろスペイン人によって初めて飼育され,その後,飼い鳥として多くの品種が作り出されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

とっさの日本語便利帳の解説

カナリア

カナリア諸島(Canary Islands)▼アフリカ北西岸沖の諸島。一四〇六年以来スペイン領で、亜熱帯気候の常春の避暑地として知られているが、一四島のうち七島は無人島。鳴き声の美しい小鳥「カナリア」は、ここのほかにポルトガル領のアゾレス諸島マデイラ諸島に群棲している。ローマ人が初めて上陸した時、この諸島の一島に棲むおびただしい野犬の数に驚き、この島をカナリア・インスラ(犬の島)と名付けていた。したがって、カナリアには「犬」の意味も含まれている。

出典|(株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

タレントデータバンクの解説

カナリア


グループ
カナリア

グループメンバー
ボン溝黒/安達 健太郎

ブログタイトル
カナリアブログ

ブログURL
http://blogs.yahoo.co.jp/canary_blog

職種
お笑い

プロフィール
ボン溝黒(ツッコミ担当)と安達 健太郎(ボケ担当)からなるお笑いコンビ。2003年結成。共にNSC大阪校21期生。「M-1グランプリ2010」ファイナリスト。主な出演歴は、ドラマ一休さん2』、DVDBlu-ray『ヒッシノパッチ』『金糸雀』、お笑いライブルミネtheよしもと』など。

代表作品
ドラマ『一休さん2』(2013) / 著書『カナリアの日本語教室』 / DVD・Blu-ray『ヒッシノパッチ』

出典|株式会社タレントデータバンク
Copyright(C) 2010 Talent-Databank Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

カナリア

2005年公開の日本映画。監督・脚本:塩田明彦。出演:石田法嗣谷村美月、西島秀俊、甲田益也子、りょう、つぐみ、水橋研二ほか。第60回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞(石田法嗣)受賞。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

カナリア【canary】

スズメ目アトリ科の鳥。全長約14cm,カワラヒワとほぼ同大。姿のよさ,羽毛の美しさ,さえずりの複雑さなどが好まれ,世界的に愛好されている飼鳥の一つ。品種改良が行われ,多数の品種がある。原種は北アフリカ近くの大西洋上にあるカナリア,マデイラ,アゾレス諸島にのみ分布している。雌雄異色で,雄はマヒワに似た色である。背面は灰色だが頭部や胸は黄色,背やわきに黒い小斑が散在している。雌は褐色を帯びにぶい色。いろいろなタイプの樹林にすみ,とくに植林地に多く,農耕地にもでてくる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カナリア
かなりあ
canary
[学]Serinus canaria

鳥綱スズメ目アトリ科の鳥。大西洋のカナリア諸島、マデイラ諸島、アゾレス諸島に自然分布する小鳥で、16世紀以降飼い鳥としてヨーロッパを中心に品種改良され、現在では広く世界中で飼われている。日本には天明(てんめい)年間(1781~89)に長崎に舶来し、飼育が流行して現在に至っている。野生カナリアは、全長13センチメートル、下面は黄色、上面は雄が暗緑色、雌が灰褐色。雄はよくさえずる。小さな種子、熟した果実など植物質のものをおもに食べる。春から夏にかけて、地上からあまり高くない木の枝に巣をつくり、赤褐色の小さな斑点(はんてん)のある青緑色の卵を1回に3~5個産み、多いときは1シーズンに4回も雛(ひな)を育てる。繁殖期以外は大きな群れをつくる。ヨーロッパとアフリカの地中海沿岸には、別種であるが非常によく似てやや小形のセリンS. serinusが分布している。カナリアは15世紀の初めから、スペインのカスティーリャ王国の兵士によって、名の由来となったカナリア諸島などからヨーロッパに持ち込まれ、16世紀なかばを過ぎてから、急激に飼養が盛んになった。種子食であること、繁殖力が強いこと、群生すること、おとりを使って容易に捕獲できることなど家禽(かきん)化される条件がそろっていたうえに、同属のセリン、属は違うが同じアトリ科のズアオアトリ、マヒワ、ウソなどと容易に交雑するので、多様な品種が生まれた。[竹下信雄]

品種

品種改良の方向としては、鳴き声を楽しむもの、変わった姿を楽しむもの、美しい羽色を楽しむもの、の三つがある。ドイツで、原種そのままの外観と鳴き声で飼い鳥として固定されたものを並カナリアという。この国で産出されたローラーカナリア(鳴きカナリア)は、上面が暗緑色、黄色、またはそのまだらで、高低のない同じ声量の静かな声を長く続ける。オレンジローラーカナリアは全身オレンジ色で、ローラーの色変わりを固定して品種としたものである。鳴き声はローラーより劣るが、姿の美しさもあって広く愛好される。
 アカカナリアは華やかな赤橙(せきとう)色をしており、目を楽しませる。この品種は、ベネズエラとトリニダード島に分布するアトリ科のショウジョウヒワCarduelis cucullatusとオレンジローラーカナリアとの人為的な交雑によって、1934年にアメリカで生じた。羽毛の先端まで赤い無覆輪(むふくりん)、先端部が白く全身が赤橙色と淡赤色の斑(はん)になる有覆輪、全身が白色で、ほんのりと紅をさした色合いが美しいデモフィック、全身赤いが目の周り、背、腹が淡赤色のアプリコットなど、遺伝子の組合せによって、いくつかのタイプができる。ヨークシャーカナリアは、ランカシャーカナリアとともにもっとも大きな品種で、全長20センチメートルに達する。羽色は黄色、濃黄色のものが多いが、緑色、赤色のものもある。イギリスのヨークシャー州で作出され、頭から尾の先までの上面の線がまっすぐに伸び、止まり木に対して45度の角度で止まるのが特徴である。イギリスのノーリッチ市で作出されたノーリッチカナリアも容姿を楽しむ品種で、ウソに似たスタイルで、胴が太く頭部も大きい。色はさまざまであるが、黄色が普通。巻き毛カナリアは胸と腹の羽が長く、かつ左右に巻き上がっている。これも羽色の変化が多く、黄、白、緑、赤がある。
 細カナリアは、日本で作出されたものといってよく、全長約12センチメートルの小形の品種で、細く長くすらりとした体形と、止まるときの姿勢が、上体はほぼ垂直、長い尾が止まり木の下から前に突き出ることが特徴。色は黄、白、レモンなどである。このほか、品種ではないが、繁殖の過程で、変わった羽色のものがでることがあり、色カナリアとよばれる。淡い黄色のレモン色、胸と腹が褐色で背が黒っぽいビール色、灰色、カキ色などがある。[竹下信雄]

飼い方

前面だけが金網張りになっている木の箱、いわゆる庭箱で飼うのが普通であるが、鳴き声を楽しむ場合は、雄1羽だけを金網製の鑑賞籠(かご)に入れ、雌は見えないようにする。ヨークシャー、ランカシャー、ノーリッチ、巻き毛カナリアは大形なので、間口と奥行が40センチメートル、高さ45センチメートルの庭箱、ほかの種には、間口と奥行が35センチメートル、高さ45センチメートルの庭箱に一つがいが普通である。止まり木は、まっすぐなものを上下に2本取り付ける。飼料はヒエ、アワ、キビをおもにし、タンパク質、脂肪、ミネラルの多いエゴマ、ナタネ、カナリーシードを20~30%混ぜる。貝殻を焼いたボレイ粉と、ハクサイ、キャベツ、ハコベなどの青菜、それに水も常時与える。活発な鳥なので、餌(えさ)箱、水入れともに陶製の重いものを使わないと、ひっくり返したりする。
 寄生ダニの1種ワクモがつくことが多く、吸血が激しいと衰弱する。庭箱を熱湯で洗うか、2%のクレゾールせっけん液を噴霧し、鳥の体には少量の除虫菊剤をかけてやる。庭箱が不潔になると発生しやすいので、週に1、2回ていねいに掃除するとよい。伝染力が強い病気にカナリア痘(とう)があり、悪性の場合は、嘴(くちばし)を開いて激しく呼吸し、やがて死亡する。治療法はないので、発見したらただちに隔離して他に伝染するのを防ぐしかない。予防には、クレゾールせっけん液による庭箱の消毒が有効である。そのほか、夏にはカに吸血されて弱ることが多いので、カを防ぐくふうが必要である。
 繁殖は比較的容易で、普通3~7月に、2~4回の産卵をさせる。ナタネ、エゴマなどの栄養価の高い飼料を全体の40%ぐらいまで増やし、さらにパン粉に卵黄を混ぜたものを与える。巣はできあいの皿巣を与え、巣材としてカルカヤの根を束ねて金網に結び付けておく。雌の巣づくりが数日で終わると、産卵が始まる。毎朝1卵ずつ4~5個産み終えると、13~14日間の抱卵が始まる。抱卵が始まったら飼料は普段のものに戻す。雛が生まれたら、ふたたびパン粉とゆで卵を混ぜたものを養育飼料として加える。孵化(ふか)後約20日で巣立つが、それから約1か月たつと雛は独立するので、さらに数日おいて親鳥とは別の庭箱に移す。この間、親鳥は次の産卵と抱卵を始めている。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカナリアの言及

【行動】より

…多くの動物の出産が春から初夏にかけて行われるが,このような場合,冬の終りごろから生殖腺が大きくなり,雌雄の性ホルモンの活性が高まって,これが個体の内的な衝動を高め相手を求める欲求行動を導く。例えば,日長が長くなり温度が高くなってくるとカナリアの雄の性的衝動が高まり,さかんにさえずるようになる。これは雄性ホルモン(アンドロゲン)の影響である。…

【産卵】より

…産卵は求愛行動や交尾などとともに繁殖行動の一環をなす行動で,温度や日長の変化,交尾相手の信号などの外部刺激や体内のホルモン濃度などに強く影響されて起こる。たとえば,カナリアは日照時間が長くなると脳下垂体が刺激され,性腺刺激ホルモンを分泌する。これが卵巣を刺激し,やがてエストロゲンが分泌されて卵の形成と交尾行動が始まる。…

※「カナリア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カナリアの関連キーワード楓鳥猿子紅雀花鶏岩雲雀アトリ(花鶏)カワラヒワ(河原鶸)シメ(鴲)ヒワ(鶸)

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カナリアの関連情報