コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニ(蟹)工船(漁業) カニこうせん

1件 の用語解説(カニ(蟹)工船(漁業)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

カニ(蟹)工船(漁業)【カニこうせん】

船内に缶詰製造設備をもち,付属漁船が採集したカニを処理加工する母船。5000〜1万トン。対象は北部太平洋タラバガニアブラガニなどで,漁期は大体4〜10月。ふつう工船1隻に,漁場に刺網を張る50〜100トンの独航船数隻と,網を引き上げカニを採集して工船に運ぶ約10トンの川崎船と呼ばれる作業10隻内外で1船団を形成する。
→関連項目漁船

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

カニ(蟹)工船(漁業)の関連キーワード工船造設母船式漁業仮巻締缶詰工場缶詰用水コンテニアスクッカー松田雅典脇隆景

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone