コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニシカ カニシカ Kaniṣka

4件 の用語解説(カニシカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カニシカ
カニシカ
Kaniṣka

古代インドクシャン朝の王。漢訳仏典の迦膩色迦。統治の年代には異説が多いが,130年頃の即位とする説が有力である。ガンダーラ地方のプルシャプラ (現ペシャワル) に都をおき,中央アジアから中部インドにいたる広大な領土を支配した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

カニシカ

インド,クシャーナ朝最盛期の王。その即位年代については諸説あるが,2世紀前半とする説が有力。ガンガー川中流域からデカン高原,中央アジアの東トルキスタンに及ぶ領域を支配した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

カニシカ【Kaniṣka】

古代インド,クシャーナ朝最盛期の王。在位は一説によると130‐155年ころ。生没年不詳。即位年については,78年説,128年説,144年説など異説が多い。クシャーナ朝初期の両カドフィセース王とは家系を異にしていたらしいが,両王のあとを受けて領土を広げ,ガンダーラ地方を本拠とし中央アジアから中部インドに及ぶ大帝国を建設した。この王の治績は主として仏教の伝説のなかに伝えられている。それによると,王ははじめ仏法を軽視していたが,のちに熱心な仏教信者となり,首都プルシャプラ(現,ペシャーワル)の郊外に大塔を建て,またカシミールにおける仏典編集事業(いわゆる第4結集)を援助したという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

カニシカ【Kaniska】

インドのクシャン朝の国王。二世紀頃在世。パキスタンのペシャワルに都しインド北部を中心に東西トルキスタンを領有して王朝の全盛期を現出。仏教を保護し、大塔の建立や仏典結集を行なったといわれる。迦膩色迦などと漢訳。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のカニシカの言及

【クシャーナ朝】より

…両カドフィセースのあと,王家の交替があったらしい。新王家より出たカニシカ(カニシュカ)は,都をガンダーラ地方のプルシャプラ(現,ペシャーワル)に置き,中央アジアから中部インドに至る大帝国を統治した。彼はアショーカ王と並ぶ仏教の大保護者としても知られる。…

【梵鐘】より

鋳金【坪井 清足】
【伝説と民俗】
 梵鐘の響きは,衆生を迷夢からさまし,仏道に帰依させ,極楽へ往生させると説かれた。インドのカニシカ王は,生前貪欲で無道であったため,死後千の頭をもつ魚とされた。千の頭は回転する剣で次々と斬られ,あとに生じた頭もまた斬り落とされる苦痛の中にあった。…

【馬鳴】より

…弁舌をよくする布教家であったので弁才比丘とも呼ばれ,文学,音楽にも通じていた。カニシカ王(在位128‐153)の宗教顧問になってからは,王とともに月支国に行き,仏教をひろめ,功徳日(くどくにち)と敬称された。また,のちのグプタ朝において進められた仏典のサンスクリット語化の先駆者として,カービヤ(宮廷詩)調による釈迦の伝記《ブッダチャリタBuddhacarita》(漢訳名《仏所行讃》)を作った。…

※「カニシカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

カニシカの関連キーワードクシャン朝最盛期シャージャハーン迦膩色迦クシャーナ朝ハルシャバルダーナフィロズシャー洛叉カドフィセース[1世]カドフィセース[2世]

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone