コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カニムシ

百科事典マイペディアの解説

カニムシ

アトビサリとも。節足動物蛛形(ちゅけい)綱中の1目。体長は普通2〜3mm。体の割に大きなはさみをもち,尾部を取り去ったサソリのような形をしている。世界中に分布し,山野の土壌中などに多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カニムシ
かにむし / 蟹虫
book-scorpionbook crab

節足動物門クモ形綱擬蠍(ぎけつ)目Pseudoscorpionesの陸生小動物の総称。この動物群は、外見が尾(後腹部)のないサソリ(蠍)に似ているので擬蠍目(類)といい、カニにも似ているのでカニムシ目(類)ともいう。また、後退するようすが変わっているので、アトシザリ、アトビサリともよばれる。体は非常に小さく、7~8ミリメートルを超えるものはほとんどない。頭胸部は1枚の背板で覆われるが、腹部は11節からなる。鋏角(きょうかく)は短いはさみ状で、触手は長大で、カニのはさみを思わせ、指先に捕食者を倒すほどの毒腺(どくせん)をもつ種類が多い。[森川国康]

生態

一般に体はじみな黄褐色で、潜伏的な生活をしているため、あまり人目につかないが、森林土壌の落葉や倒木の間、樹皮下、山野の石下などに普通にすむ。また、家屋内でもよくみられ、物置、植木鉢、本の間や、乾麺(かんめん)類、穀類中に発見されるものもある。屋内ではコクチャタテ、シミなどの小昆虫を食べ、ナンキンムシを食べたという記録もある。そのほか、鳥やネズミの巣、ツチバチの巣の中にすむもの、海岸の潮間帯にすむものがあり、また洞穴の中などでは目のない特殊な種も発見されている。なお、甲虫やハエ、ネズミなどの体に触手や脚(あし)でしがみついているのが観察されるが、これは移動のために便乗しているものである。多くは卵をはらんだ雌で種族分散に役だつと考えられている。行動は前進・後退のほか、側方にもすばやく動く。交尾のための陰茎はなく、受精は精包の受け渡しによってなされる。この行動はサソリと同じで、結婚ダンス(求愛ダンス)のいわゆるディスプレーのあと、雄は精包を地面に出し、雌の生殖口に受け入れさせる。産卵は、卵嚢(らんのう)を形成してその中にまとめて産む。卵嚢から出た第1期若虫は、3回の脱皮ののちに成虫になる。寿命は普通1~3年である。[森川国康]

日本産の主要種

カニムシ類は、世界に3亜目14科に属する千数百種が記録されており、日本には9科に属する約60種が分布する。そのおもな種は、ツチカニムシ亜目のメクラカニムシMundochthonius japonicus、コケカニムシ亜目のカギカニムシMicrocreagris japonicusなどは森林の土壌にすみ、海岸にはイソカニムシGarypus japonicusなどが生息する。キカニムシ亜目は、乾燥に適応した、より高等な群で、トゲヤドリカニムシHaprochernes boncicusなどは樹皮下によくみられ、オオヤドリカニムシMegachernes rhyugadensisはネズミの巣などに発見され、イエカニムシChelifer cancroidesなどが人家にみられる。[森川国康]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

カニムシの関連キーワードカニムシ(蟹虫)カニムシモドキヤドリカニムシツチカニムシウデカニムシイソカニムシコケカニムシコナカニムシカニムシ類アトビサリウデムシ類キカニムシクモ形類蜘蛛形類土壌動物ウデムシ後びさり木蟹虫磯蟹虫腕蟹虫

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android