コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カバ(河馬) カバ

百科事典マイペディアの解説

カバ(河馬)【カバ】

偶蹄(ぐうてい)目カバ科の哺乳(ほにゅう)類。体長3.4m,肩高1.4m,体重2〜3tほど。雌が小さい。頭部が不均衡に大きく,吻(ふん)も大きい。サハラ以南のアフリカ分布

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カバ【カバ(河馬) hippopotamus】

陸上にすむ動物の中でゾウに次いで大きな哺乳類イラスト)。偶蹄(ぐうてい)目カバ科。系統的にはイノシシ類に近い。以前はアフリカ全土にみられたが,現在は北緯17゜以南に限られ,標高2000mまでの湖沼地帯や川にすむ。 体長3~5m,肩高150~165cm,尾長40cm,体重は平均1.5t,ときに3t以上になる。体は太く長く,頭は大きい。体表は無毛に近く,体色は暗い銅色。皮膚は汗腺を欠き,赤い色素を含む分泌物を出す腺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カバ(河馬)の関連キーワードコビトカバ

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android