コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブ(蕪∥蕪菁) カブturnip

翻訳|turnip

世界大百科事典 第2版の解説

カブ【カブ(蕪∥蕪菁) turnip】

カブラともいう。アブラナ科アブラナハクサイキョウナなどと植物学的には同一種とされる二年草。根部をおもに利用する野菜で,煮食もするが,漬物としてよく利用される。日本では古来から〈すずな〉といわれ,春の七草の一つに数えられている。原産は地中海沿岸,南ヨーロッパ地帯およびアジアのアフガニスタン地方といわれている。ヨーロッパでの栽培起源は紀元前からといわれ,中国へは古く西方より渡来し,2000年以前から栽培されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

カブ(蕪∥蕪菁)の関連キーワードカブラ

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android