コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カブ(蕪∥蕪菁) カブturnip

翻訳|turnip

世界大百科事典 第2版の解説

カブ【カブ(蕪∥蕪菁) turnip】

カブラともいう。アブラナ科アブラナハクサイキョウナなどと植物学的には同一種とされる二年草。根部をおもに利用する野菜で,煮食もするが,漬物としてよく利用される。日本では古来から〈すずな〉といわれ,春の七草の一つに数えられている。原産は地中海沿岸,南ヨーロッパ地帯およびアジアのアフガニスタン地方といわれている。ヨーロッパでの栽培起源は紀元前からといわれ,中国へは古く西方より渡来し,2000年以前から栽培されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

カブ(蕪∥蕪菁)の関連キーワードカブラ

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android