カブール(アフガニスタン)(読み)かぶーる(英語表記)Kābul

翻訳|Kabul

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カブール(アフガニスタン)
かぶーる
Kābul

アフガニスタンの首都。正しくは「カーブル」と発音する。同国東部の東経69度12分、北緯34度33分、標高1766メートルにある。人口約208万(2001推計)。住民はおもにアフガン人(パシュトゥン人)とタジク人で、ハザーラ人も流入しつつある。また全国各地からの出稼ぎも少なくない。市街地の真ん中をカブール川が東流し、南側が旧市街で、新市街は北と西に広がっている。政府関係諸機関、各種銀行、放送局、カブール大学以下各級学校、アフガニスタン国立美術館などがある。西方のヒンドゥー・クシ山麓(さんろく)のパグマーンは避暑地である。外国との陸上交通としては、東へはジャララバードを経てパキスタンのペシャワルに、北へはサーラング・トンネルを経てウズベキスタン、タジキスタン、トルクメニスタンなどに通ずる。北郊外に国際空港がある。工業では人絹、毛織物、干しぶどう製造、陶器などの工場のほか、機械修理、木工、石工を中心とするジャンガラクの総合工場が重要である。電力はおもにサロービーの水力発電所から、水道は市南部の深井戸から供給される。

[勝藤 猛]

歴史

カブール川上流域の地方が本来カーブルとよばれ、すでにバクトリア時代にはその一部を形成していた。7世紀末よりアラブの遠征軍が進攻しようとしたが、カーブル・シャーなる一族の抵抗のため、イスラム化は遅れた。9世紀の初めにこの支配者がイスラムに改宗し、10世紀、ガズナ朝の統治下にさらにイスラム化が加速された。これと前後して、カーブルの名は集落の名として使われるようになる。交易の要地を占め、インド方面の物産の集積地の役割を果たしていたが、その規模は小さく、都市としての発展が始まるのは、政治の中心地ガズナがティームール(在位1369~1405)の遠征によって破壊されてからである。16世紀には、バーブルの支配下に軍事、経済の中心として繁栄し、ムガル朝の貨幣の鋳造所も置かれた。18世紀後半にドゥラッーニー朝の首都となった。第一次、第二次アフガン戦争(1838~42、78~80)では戦場となった。現在までアフガニスタンの首都の地位を保っているが、1979年のソ連による軍事介入(ソ連軍は89年に撤退した)、およびその後の諸勢力の抗争による荒廃が著しく、96年にはイスラム原理主義勢力であるタリバンの支配下に置かれた。その後、2001年9月のアメリカ同時多発テロ事件を機に、同年10月よりアメリカ、イギリスなどによるアフガニスタン国内の過激派国際テロ組織アルカイダやタリバンに対する武力行使が行われ、カブールも空爆されるなど大きな打撃を受けた。同年11月には反タリバン勢力である北部同盟が進出、カブールを制圧。同年12月国連などの仲介により暫定行政機構が発足、戦禍は止むが治安が悪化した。02年1月には、安保理決議により治安維持を目的に設立された国際治安支援部隊(ISAF)が、カブールとその周辺地域に展開。同年6月暫定政権への移行が成立したが、治安の安定と復興が必要とされる。

[清水宏祐]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる