コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カマイルカ カマイルカ Lagenorhynchus obliquidens; Pacific white-sided dolphin

2件 の用語解説(カマイルカの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カマイルカ
カマイルカ
Lagenorhynchus obliquidens; Pacific white-sided dolphin

クジラ目ハクジラ亜目マイルカ科カマイルカ属。体長約 2.5mに達し,雄は雌よりわずかに大きい。最大体重は約 180kg。出生体長は推定約 1m。体色は背部が黒色,腹部は白色,体側は白に近い灰色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カマイルカ
かまいるか / 鎌海豚
Pacific white sided dolphin
[学]Lagenorhychus obliquidens

哺乳(ほにゅう)綱クジラ目マイルカ科のハクジラ。体長2.4メートル、体重130キログラムぐらいになり、日本近海に多く、ときに数百頭の群れをなして回遊する。背びれの後縁が鎌(かま)の刃のように白くみえることからこの名がある。体の背面は黒色、灰色の体側と白い腹面との間に黒色の一線があり、くちばしが非常に短いのが特徴である。追い込み網で捕獲され、食用になるほか、水族館で飼育され、動作は敏速でよくジャンプする。歯は上下各列に23~33本。脊椎(せきつい)骨数は73~78個である。[片岡照男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

カマイルカの関連キーワードハクジラ類海豚巨頭鯨歯鯨鬚鯨河海豚イルカ(海豚)クジラ(鯨)カマイルカ(鎌海豚)ゴンドウクジラ(巨頭鯨)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

カマイルカの関連情報