コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カリガネソウ

百科事典マイペディアの解説

カリガネソウ

ホカケソウとも。クマツヅラ科多年草。北海道〜九州,東アジアに分布し,山地のやや湿った所にはえる。全草に強い臭気があり,四角形で直立し,高さ1m内外,卵形で長い柄のある葉を対生

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カリガネソウ【Caryopteris divaricata (Sieb.et Zucc.) Maxim.】

林のふちなどの草地に生える,クマツヅラ科の多年草(イラスト)。茎や葉にふれるといやな匂いがする。茎は四稜形で高さ1m内外,葉は対生し,卵形で鋸歯があり,長さ8~13cm,幅4~8cm,葉柄がある。8~9月ごろ,茎の上部の枝先にまばらな集散花序を作り,青紫色の花をつける。萼は緑色で小さく,5裂する。花冠は下半部が筒状で約1cm,先は4裂して大きく開口し,下側の裂片は反曲して少し長い。4本のおしべおよび花柱は長さ約3cm,花の外につき出して湾曲している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カリガネソウ
かりがねそう / 雁草
[学]Caryopteris divaricate (Sieb. et Zucc.) Maxim.

クマツヅラ科の多年草。茎は高さ0.8~1.2メートル。全草に強い香りがある。葉は対生し、広卵形で先は鋭くとがり、縁辺に鈍い鋸歯(きょし)がある。8~9月、葉腋(ようえき)に花茎を伸ばし、集散花序をなして青紫色の花を開く。花冠の基部は筒状、先は唇形状に大きく開き、4本の雄しべと花柱が湾曲して花冠外へ長く飛び出る。北海道、本州、四国、九州の丘陵帯や山地帯の渓流の岸や日陰の林縁に生え、朝鮮、中国にも分布する。名は、花の形をカリ(雁)の飛ぶ姿に見立てたもの。カリガネソウ属は果実が(さくか)で先は4裂する。東アジアからヒマラヤにかけて約10種があり、日本にはそのうち2種が分布する。[高橋秀男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カリガネソウの関連キーワードカリオプテリスホカケソウ帆掛草矢筈山帆立草百千鳥山鳥草

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カリガネソウの関連情報