コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルチベーター cultivator

翻訳|cultivator

百科事典マイペディアの解説

カルチベーター

畑の中耕除草機。車輪後方のけたに1条当り3〜4本の爪(つめ)があり,畝(うね)間の中耕除草を行う。トラクターに装着するためのフレーム,爪をフレームに取りつけるための金具おび定規車からなる。
→関連項目除草機

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルチベーター【cultivator】

作物の管理作業に用いる農業機械。作物が生育するにつれて,周囲の土壌が固まるので土を浅く耕す必要がある(中耕作業)。また雑草を取り除いたり(除草作業),作物の根際に土を寄せて雑草を抑えたり,作物が倒れないようにする(培土作業)ことも行われる。カルチベーターは本来このような中耕,除草,培土作業を行う機械である。しかしこれらの作業のほか,簡易耕起,砕土,均平,覆土などにも広く使われることがある。 現在日本で使用されているカルチベーターには,乗用トラクター用のものと歩行用トラクター用のものとがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

カルチベーター【cultivator】

作物の中耕・除草・土寄せなどに用いる農耕機械。耕耘機こううんき。カルチ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルチベーター
かるちべーたー
cultivator

欧米で開発された畑作物用の中耕除草機。中耕爪(づめ)、除草・培土刃を雑草の程度にあわせて調整し、爪刃の引き抜き作用、切断作用、埋没作用の組合せによって条間の除草を行うもので、最近は除草剤と組み合わせて、作物の生育初期から中期にかけ1~2回程度の機械除草に使用する。畜力用1条5本爪カルチベーターが1870年(明治3)プラウとともにアメリカから輸入され、北海道の畑作地帯で利用されていたが、昭和20年代に急速に普及した府県では、畑作物の中耕除草以外に、中耕爪と除草刃の調整によって、ムギの簡易整地や土入れ、ムギの踏圧(とうあつ)といも(ジャガイモ)の掘り取りなど広範囲に使用されてきた。その後、役畜が機械に置き換えられ、テイラー用の1~2条、トラクター用の3~5条の多条カルチベーターが利用され、さらに動力で爪刃を回転させながら中耕除草を行うロータリー式カルチベーターの利用が増加の傾向にある。[佐藤清美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カルチベーターの関連キーワード原語別外来語集北海道農法耕耘機馬具

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android