カルティニ(英語表記)Kartini, Raden Ajeng

百科事典マイペディアの解説

カルティニ

インドネシアの民族主義運動家,女性解放運動家。裕福な家の娘に生まれ,オランダ語による教育を受ける。民族的自覚の向上,女子教育の普及に貢献。1904年,出産後の産褥(さんじょく)のため25歳で死去。オランダ人の友人に送った手紙をまとめた《光は闇を越えて》(1911年)の著作がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カルティニ【Raden Ajeng Kartini】

1879‐1904
インドネシアの女性で,民族主義運動および女性解放運動の先駆者。中部ジャワのジャパラ地方の領主ソスロニングラットの娘で,祖父が開明的な人物だったため,幼時から家庭教師によりオランダ語の教育を受けた。またオランダ人小学校に入学を許され,12歳で卒業した後は家庭内に引きこもったが,多くのオランダ書を読み,同胞のジャワ人,とくに女性の民族的自覚の向上につとめた。2人の妹もカルティニに協力し,女子教育の普及につくした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カルティニ
かるてぃに
Raden Ajeng Kartini
(1878―1904)

インドネシアの女性教育運動の創始者。ジャワ島中部の豪族(ブパティ)の娘。一般人子弟のための学校がイスラム私塾以外にはなかった19世紀末に、特権階級出身のため入学を許されたヨーロッパ人小学校で民族差別を体験し、成長していくなかで、自らの民族、ことに女性の地位向上の必要を痛感し、女性啓蒙(けいもう)の実践活動に入ろうとした。結婚して男子出産直後にこの世を去った彼女の意図は、1913年に始まる「カルティニ学校」運動(インドネシアに女学校をつくる運動)によって実現された。彼女がオランダ人知己たちに送った手紙をまとめた書簡集『暗闇(くらやみ)より光明へ』(1911)は、同胞への愛に満ち、覚醒(かくせい)を呼びかけたその内容により、オランダのインドネシア人留学生団体・東インド協会(1923年インドネシア協会(プルヒンプナン・インドネシア)と改称)をはじめとして民族運動に大きな影響を与えた。

[森 弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる