コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カルバリョ Valentin Carvalho

世界大百科事典 第2版の解説

カルバリョ【Valentin Carvalho】

1560‐1631
ポルトガル人のイエズス会士。リスボン出身。1576年イエズス会に入会。98年(慶長3)来日したが再びマカオに戻り,1601‐09年までコレジヨの院長を務めた。11年イエズス会日本管区長として再度来日し,17年(元和3)までその任にあった。在任中,禁教強化へと向かう日本社会にあって,悪化する教会財政,他修道会との対立など教会内外の難問処理にあたったが,1614年の大追放のさい,マカオに退去した。15年コーチシナ(交趾支那)のフェフォの日本人町に,ポルトガル人のディオゴ・カルバリョを派遣し,またツーロンにはイタリア人のフランチェスコ・ブゾミを派遣し,イエズス会のコーチシナ布教の基を作った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カルバリョの関連キーワードゲンナジー ゴロフキン伊兵衛(1)サウリモ

カルバリョの関連情報