カルロス3世(読み)カルロスさんせい(英語表記)Carlos III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カルロス3世」の解説

カルロス3世
カルロスさんせい
Carlos III

[生]1716.1.20. マドリード
[]1788.12.14. マドリード
スペイン王 (在位 1759~88) 。フェリペ5世イサベル・ファルネセの長男。初めパルマ,ピアチェンツァ,両シチリアを支配したが,異母兄フェルナンド6世の死によりスペイン王を継承。啓蒙専制君主として側近に開明派のアランダ伯,フロリダブランカ伯,カンポマネス伯を選んでイエズス会士の追放をはかり,教会を国家に従属させることによって,国王至上権とその利害関係を脅かす障害を取除いた。また行政・経済改革を断行し,ハプスブルク家出身の国王によって行われていた会議制度を省庁制度に変え,さらに王の側近の手に権力を集中することにより,政治は精彩を帯び,税制,国防,地方行政は改革された。一方経済改革においては国内工業に保護を加え,植民地貿易に自由貿易の道を開いた。これらの処置は,国の内外の経済に活気を与え,本国と植民地間の船舶は急速に増加した。しかし外交面では,イギリス植民政策の攻勢への対処に苦慮し,フランスと第3次一族協約を締結 (61) ,その結果,七年戦争に巻込まれ,1763年のパリ条約でスペインはミシシッピ川以東のフロリダをはじめ北アメリカの全領土をイギリスに割譲した。このような外交的敗北を受けたにもかかわらず,アメリカ独立戦争の際にはイギリスに干渉せず,イギリスの植民地にも直接支援を与えなかった。 83年ベルサイユ条約でフロリダを回復した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

367日誕生日大事典「カルロス3世」の解説

カルロス3世

生年月日:1716年1月20日
スペイン王(在位1759〜88)
1788年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android