コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カレリア

百科事典マイペディアの解説

カレリア

ロシア北西部の共和国。北東部は白海に面し,大部分が丘陵地でエスカーが多い。湖水面積が国土の約15%。白海・バルト海運河の開通によって開発が進み,木材,製紙などの工業が行われる。鉱産資源も多く,酪農も盛ん。住民はロシア人,カレリア族が主で,民族叙事詩カレワラを生んだ地。1721年ロシア領,1940年カレロ・フィン社会主義共和国,1956年カレリア自治共和国に格下げ。1990年の主権宣言で再び共和国に昇格。南西部は,フィンランドとの間に領土問題を抱えている。主都はペトロザボーツク。17万2400km2。68万4200人(2010)。
→関連項目キージ島の木造教会

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

カレリア【Kareliya】

ロシア連邦に属する共和国。西はフィンランドに国境を接する。森林資源に富み、氷河湖が多い。首都ペトロザボーツク。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カレリアの関連情報