コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カロル[クールラント公] カロル[クールラントこう]Karol, Książę Kurlandzki

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カロル[クールラント公]
カロル[クールラントこう]
Karol, Książę Kurlandzki

[生]1733.7.13.
[没]1796.6.16.
ポーランド王アウグスト3世(フリードリヒ・アウグスト2世)の子。1759年クールラント公に任命されたが,この辺境地の統治には関心を示さず,1760年にはポーランド領主クラシンスキ家のフランチシュカと結婚,1763年にロシア女帝エカテリーナ2世の画策でクールラントから追放された。1768年にいたってクラシンスキ家の指導にあたり,またロシアと親ロシア的な王スタニスワフ2世アウグスト・ポニャトフスキに対抗するバール連盟が結成をみてから,その一部勢力によりポーランド王に擁立されたが,1772年の連盟軍の敗北で実現をみなかった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

カロル[クールラント公]の関連キーワードアウグスト(2世)ポーランド史アーガー・ムハンマド天野信景アウグスト[2世]クラシェニンニコフサッケリサッケーリスタニスワフ1世レシチンスキフリードリヒ・アウグスト1世

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android