コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンディド Candide ou l'Optimisme

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンディド
Candide ou l'Optimisme

フランスの思想家,作家ボルテールの哲学小説。 1759年刊。副題「楽天主義」。 18世紀風刺文学の代表作ライプニッツの予定調和説に対する批判と,リスボン大地震 (1755) の際にルソーとの論争の種となった神の摂理の問題に対する回答を兼ねた小説。主人公カンディドはさまざまな困難に出会い,何度も破局に陥りながらも屈せず,働く喜びを次第に体得し,ついに「私たちは自分の畑を耕さなくてはなりません」という境地に達する。当時の政治,社会,思想に対する作者の痛烈な批判が,主人公の運命の叙述のうちに示されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

カンディド【Candide】

ボルテールの風刺小説。1759年刊。副題〈楽天主義〉が暗示するようにライプニッツなどの楽天的世界観を嘲笑するとともに,当時の社会的不正・不合理を告発している,啓蒙思想家ボルテールの〈哲学的コント〉の代表作。主人公カンディドはウェストファリアの叔父男爵の館で,師パングロス博士の〈すべては最善の状態にあり〉,したがって現状は正しいとする教えを受け,それを信じて疑わない純真な(フランス語で〈カンディド〉)青年である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカンディドの言及

【ボルテール】より

…1年半各地を転々の末,54年暮ジュネーブに到着,翌55年郊外に求めた邸を〈レ・デリス(快楽荘)〉と命名する。ここで世界文明史《習俗論》(1756)や哲学小説の代表作《カンディド》(1759)を著す。宗教問題などの発言から,ジュネーブ市当局と気まずくなったのを機に,スイス国境のフランス領の寒村フェルネーに土地を買い求め,60年に移住する。…

※「カンディド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

カンディドの関連キーワードサンフランシスコジアシス教会マノエル・デ オリヴェイラパバロッティグァレスキウィルバー10月7日

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android