カンヌ(英語表記)Cannes

翻訳|Cannes

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「カンヌ」の解説

カンヌ
Cannes

フランス南東部,プロバンス地方,アルプマリティム県地中海岸に位置する国際的観光都市。いわゆるコートダジュール東部にあり,ニースとともに世界的に有名な保養避暑避寒地となっている。特に 1946年に創設された国際映画祭は世界規模の行事。ニースに行こうとしたイギリスの政治家 H.ブルームが,コレラ流行のため目的を果さず,当時は貧しい漁村にすぎなかったカンヌに偶然泊り (1834) ,気に入って別荘を建てたのが繁栄のきっかけになったとされる。海辺沿いの,シュロの木と花壇に飾られた遊歩道クロアゼットは有名で,周辺には豪華なホテル,カジノなどが並び,ヨットハーバーも整備されている。後背地では花卉栽培が盛んで,港に沿う景色のよい並木道に毎朝花市が立ち,特にミモザの花市は国際的に有名。古い町は港の西側にそびえる丘の上にあり,頂上にはノートルダム・ド・レスペランス聖堂 (16~17世紀) がある。人口6万 9363 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「カンヌ」の解説

カンヌ
かんぬ
Cannes

フランス南東部、アルプ・マリティーム県の都市。ニースの南西に位置し、地中海岸コート・ダジュールに面し、ナプール湾に臨む観光保養都市。人口6万7304(1999)。1834年、イギリス人貴族ブルーム卿(きょう)Lord Broughamが、温暖な気候と位置に魅せられて別荘を建てて以来発展した。広い並木道、多くのホテル、別荘、カジノ、スポーツ施設があり、避寒地、海水浴場として有名になり、「世界中の貴族の冬のサロン」といわれている。油脂、香水の製造が行われるほか、造船業、織物工業もある。周辺では野菜や花卉(かき)の集約的栽培が行われている。西部のモン・シュバリエ(騎士の山)の旧城跡にはカストル博物館があり、沖合いには鉄仮面が幽閉されたサント・マルグリット島などが浮かぶ。毎年、国際映画祭が開かれることで有名であり、花合戦、ミモザ祭、国際レガッタ競技などが行われ、多くの観光客を集めている。

[青木伸好]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「カンヌ」の解説

カンヌ

フランス南部,アルプ・マリティーム県,地中海に臨むリビエラ海岸の観光保養都市。気候温暖で冬季平均気温9.8℃,オリーブ油,花・果樹の栽培,香水の生産で有名。1946年以来国際映画祭(カンヌ国際映画祭)が行われる。6万9000人(2004)。
→関連項目プロバンス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「カンヌ」の解説

カンヌ

(Cannes) フランス南東部、地中海に面した観光保養都市。気候温暖で冬の避寒、夏の避暑に適する。一九四六年以降、国際映画祭の開催地。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「カンヌ」の解説

カンヌ【Cannes】

フランス南東部,アルプ・マリティーム県,コート・ダジュールの国際的観光都市。人口6万9000(1990)。エストレル山地を西に控え,温暖な気候に恵まれる。1834年コレラの流行で足止めされたイギリスの貴族ブルーアム卿が避寒地としてこの地をめでたことから発達した。やがてビクトリア女王らの王侯貴族,メリメ,モーパッサンらの文人の集う地となった。現在はバカンス客でおもに夏ににぎわうが,施設を利用しての会議,催物も盛んで,1946年から毎年5月に開かれるカンヌ国際映画祭は有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のカンヌの言及

【ブルーム】より

…大法官在職中,奇怪ないす型の四輪馬車を乗りまわし,この馬車が後に改良されてブルーム型の馬車となった。また35年に南フランスのカンヌに別荘を開き,観光地カンヌの発展を先導した。【村岡 健次】。…

※「カンヌ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android