コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンネーの戦い カンネーのたたかいBattle of Cannae

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンネーの戦い
カンネーのたたかい
Battle of Cannae

前 216年南イタリアのカンネー村付近で,アエメリウス・パウルス,テレンチウス・ウァロの率いるローマ軍と,ハンニバルの率いるカルタゴ軍との間で戦われた戦闘。ローマ軍は推定歩兵8万,騎兵 5000と数のうえでは,推定歩兵4万,騎兵1万のカルタゴ軍よりはるかに優勢であったが,ハンニバルの巧みな作戦によって包囲され,パウルスはじめ7万人が戦死,残りの大半も捕虜となり,ほぼ全滅の敗北をこうむり,世界の戦史にもまれな圧勝と完敗の記録がつくられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

カンネー‐の‐たたかい〔‐たたかひ〕【カンネーの戦い】

第二回ポエニ戦争中の前216年、イタリア南東部のカンネー(Cannae)でハンニバルの率いる5万のカルタゴ軍が8万数千のローマ軍を破った戦い。戦史上稀有の包囲殲滅(せんめつ)戦とされる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

カンネーのたたかい【カンネーの戦い】

第二次ポエニ戦争中の紀元前216年、イタリア半島南東部のカンネー(Cannae)で、将軍ハンニバルの率いるカルタゴ軍五万が八万余のローマ軍を破った戦い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンネーの戦い
かんねーのたたかい

第二次ポエニ戦争(ハンニバル戦争)中、紀元前216年8月2日にカンネーCannaeで行われたローマ軍とカルタゴ軍との戦い。カンネーは、南イタリアのプーリアのアウフィドゥス川(現名オファント川)南岸の地名。ここで八万数千のローマ軍がハンニバル指揮下の約5万のカルタゴ軍に壊滅的な敗北を被った。ローマの将軍はテレンティウス・ワローおよびアエミリウス・パウルスであったが、後者は戦死、前者は生存者とともにローマに戻った。ローマ軍の戦死者は約4万8000人(ローマ系伝承、ただしカルタゴ系伝承によれば7万人)といわれており、他方カルタゴ軍の戦死者はローマ系伝承で8000人(カルタゴ系伝承で5700人)となっている。[吉村忠典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

カンネーの戦いの関連キーワードファビウス・マクシムス総合年表(ヨーロッパ)ローマ史(年表)マゴ

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android