コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

カンムリヅル Balearica pavonina; black crowned crane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

カンムリヅル
Balearica pavonina; black crowned crane

ツル目ツル科。全長 100~105cm。頭部黄金色で扇形の冠羽(→羽冠)がある。頬は皮膚が裸出し,上半分が白色,下半分がピンク色で,亜種によってはピンク色の部分が広い。また,小さな赤い喉袋が裸出している。胸から腹,背,尾は濃灰色で,から胸の羽毛は長く蓑状になる。初列風切は黒色,次列風切は褐色。雨覆は白く,胴体に近い部分は黄金色でこれも蓑状に伸びている。頭部は黒い。西アフリカのギニアからスーダンエチオピアにかけて不連続に分布する。サバナに生息し,乾燥した草原や湿原でも暮らしている。第4趾が長く,枝をつかめるので,ツル類では唯一樹上に留まり,ねぐらをとることがある。南アフリカに分布するホオジロカンムリヅル B. regulorum はかつて同種に分類され,よく似ているが,頬の大部分が白く,上部にわずかに赤色部があり,頸は灰白色で,湿地のほうを好む。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

カンムリヅル

ツル科の鳥。翼長55cm,体長1m以上に達する。額の上方は黒いビロード状,後頭部にある黄色い扇状の羽冠が特徴である。アフリカ中南部の湿地や草原に群生。ウガンダではシンボルとして国旗に描かれている。
→関連項目ツル(鶴)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

カンムリヅル
かんむりづる / 冠鶴
crowned crane
[学]Balearica pavonina

鳥綱ツル目ツル科の鳥。頭上に黄色の扇状羽冠のある美しいツル。全長約1メートル。全体に黒色で、上下雨覆(あまおおい)は白色、次列・三列風切(かざぎり)は栗(くり)色である。顔は皮膚が裸出し、上半分白色、下半分ピンク色。エチオピアからセネガルまでの熱帯アフリカに分布する。湿地や川岸にすみ、しばしば農耕地に飛来して、穀物や昆虫類を食べる。草むらのバッタを採食するときには、足踏みして追い出してとる習性がある。アフリカ西部では半家禽(はんかきん)的に飼養され、畑の昆虫やヘビを退治させている所もあるので有益な鳥であるが、作物を荒らすこともある。姿がよいため、世界各地の動物園や公園で飼養されている。近縁種にホオジロカンムリヅルB. regulorumがあり、アフリカ東部と南部に分布する。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のカンムリヅルの言及

【ツル(鶴)】より

…ツル属では頭上あるいは顔の一部の皮膚が赤く裸出している。カンムリヅル属やアネハヅル属は,頭に冠羽や飾羽をもっている。くちばしは比較的細長く,まっすぐで,先がとがっている。…

※「カンムリヅル」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

カンムリヅルの関連キーワードニオコロ世界の国旗ルワンダ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

カンムリヅルの関連情報