コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガラホナイ国立公園 ガラホナイこくりつこうえん Garajonay National Park

4件 の用語解説(ガラホナイ国立公園の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガラホナイ国立公園
ガラホナイこくりつこうえん
Garajonay National Park

アフリカ大陸の北西,大西洋上に浮かぶスペインカナリア諸島ゴメラ島中央部に位置する国立公園。 1980年指定。面積 40km2。乾燥した島南部とは対照的に,北部は貿易風の影響で湿度が高く,豊かな降水をもたらし,雨と霧から水分を補給した緑濃い森に覆われている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガラホナイ‐こくりつこうえん〔‐コクリツコウヱン〕【ガラホナイ国立公園】

Garajonayカナリア諸島中のゴメラ島にあるスペインの国立公園。標高1487メートルのガラホナイ山を中心に島全体が台地となっている。大陸から隔絶しているため、氷河期以前の原生林の姿を現在も見ることができる。また、島固有の植物も数多い。1986年、世界遺産自然遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガラホナイ国立公園【ガラホナイこくりつこうえん】

大西洋上にあるスペイン領カナリア諸島のひとつゴメラ島にある国立公園。この島は火山島で,国立公園は標高1487mの最高峰ガラホナイ山一帯の39.84km2

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界遺産詳解の解説

ガラホナイこくりつこうえん【ガラホナイ国立公園】

1986年に登録された世界遺産(自然遺産)。モロッコ沖の大西洋上にあるスペイン領(自治領カナリア諸島(カナリアス諸島)の西部、ゴメラ島(ラ・ゴメラ島)にある国立公園である。ゴメラ島は常夏の火山島で、同島の主峰ガラホナイ山(標高1487m)とその周辺の約40km2の照葉高木の森林地帯を中心としたエリアが国立公園に指定されている。ここは、太古にヨーロッパ大陸全土を覆った氷河の影響を受けなかったため、また、大陸から隔絶した位置にあることから、氷河時代を生き延びた小動物や植物の固有の生物種が多く、世界的にも貴重な存在になっている。こうした貴重な生物相と、その優れた自然景観などから、世界遺産として登録された。◇英名はGarajonay National Park

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ガラホナイ国立公園の関連キーワードキナバル山スルツエイイグアス国立公園ヘンダーソン島コモド国立公園世界自然遺産複合遺産自然遺産ソコトラ諸島世界遺産登録

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガラホナイ国立公園の関連情報