コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガンビールノキ

2件 の用語解説(ガンビールノキの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ガンビールノキ

アカネ科の木本(もくほん)性の常緑つる植物東南アジアに分布し,古くから栽培されている。葉は対生し,白色の小さい花が集まって咲く。葉,枝,樹皮の浸出液を煮つめて乾燥させたものがカテコールタンニン主成分とするガンビール(阿仙薬)である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ガンビールノキ【gambier】

アカネ科のつる性木本(イラスト)。ガンビールはマレーシアの現地名である。タンニンを主成分とするガンビール(阿仙薬(あせんやく)ともいう)をとり,鞣皮(じゆうひ)料,褐色染料,薬用などとして使う。日本のカギカズラに似て,茎には鋭いかぎ状突起がある。枝は強靱で折れにくい。葉は常緑で対生し,両端のとがった楕円形で,光沢がある。肉白色の小さい花が集まって球状となる。花冠は筒状で5裂し,花柱は長く飛び出る。果実は紡錘形,長さ約3cmで,縦に裂ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガンビールノキの関連キーワードイラストレーターガンビールイラスト金の蔓蔓性藤葛火焔草鉤葛蔓蟻通

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone