コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キジムシロ

百科事典マイペディアの解説

キジムシロ

北海道〜九州,東アジアの山野の日当りのよい草地にはえるバラ科の多年草。高さ10〜20cmとなり,根出葉数個つき,長さ5〜15cm,粗毛がはえ,5〜7枚の小葉からなる羽状複葉となる。花は径2cmに達し,黄色5片で,春,花茎の先に数個つく。ロゼット状になった根出葉をキジが座わるむしろに見たて,この名がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キジムシロ
きじむしろ / 雉蓆
[学]Potentilla sprengeliana Lehm.

バラ科の多年草。根はやや太い。高さ10~30センチメートル。根出葉は羽状複葉、小葉は7~11枚、頂小葉は最大で倒広卵形、裏面の葉脈上に毛がある。花期前の葉は小さいが、花期後に出る葉は大きい。3~8月、枝の先端に、径1.5~2センチメートルの黄色の5弁花を数個開く。果実は痩果(そうか)。日本全土の山野の向陽地に生え、中国、朝鮮半島、樺太(からふと)(サハリン)にも分布。名は、本種をキジが座る蓆(むしろ)に見立てたものという。日本海側にみられるエチゴキジムシロは、小葉は3~7枚、頂小葉は菱(ひし)状長楕円(ちょうだえん)形ないし倒卵形、先は鋭くとがる。ツルキジムシロは走出枝があるので区別される。キジムシロ属は世界中に分布し、500種もある大きな属で、低木から一年草まである。萼片(がくへん)、副萼片がある。5枚の花弁は白、黄、桃、赤色と多様。葉も単葉、3出複葉、羽状複葉、掌状複葉と多型である。観賞用とする種も多い。日本には約20種があり、ミツバツチグリ、ツルキンバイ、ミツモトソウ、ヒメヘビイチゴ、カワラサイコ、ミヤマキンバイなどが分布する。[鳴橋直弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キジムシロの関連キーワードヒメチャマダラセセリキンロバイ(金露梅)チャマダラセセリツチグリ(土栗)ツルキンバイヘビイチゴキンロバイ副萼

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android