コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キセル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キセル

煙管とも書く。刻みたばこを吸う喫煙具。カンボジア語の「管」を意味する Khsierに由来。管頭を雁首 (がんくび) といい,先端にたばこを詰める火皿を置く。管尾は細く,煙を吸込む吸い口がある。雁首と吸い口は金,銀,銅,赤銅,真鍮などの金属でつくる。雁首と吸い口をつなぐタケをラオ (羅宇) という。これは最初ラオス産のタケを用いたところからこの名がある。一般には国内産のヤダケなどを用いるが,なかには堆朱や蒔絵を施した華麗なものもある。またラオを用いずすべて金属製のものもあるが,これは伸 (のべ) という。日本で初めてキセルをつくり商いとしたのは『人倫訓蒙図彙』によると,京都二条通り富小路の桜屋であるという。近年は巻たばこの普及から刻みたばこの需要は減り,キセルも姿を消しつつある。また,中央がタケで両端が金 (かね) であることから,鉄道の乗車区間の乗り,降りの部分だけの乗車券を買い,中間部分の運賃を支払わないことを「キセル」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

タレントデータバンクの解説

キセル


グループ
キセル

ブログタイトル
kicell blog

ブログURL
http://kicell.blog36.fc2.com/

職種
音楽

プロフィール
辻村豪文と辻村友晴による兄弟ユニット。カセットMTR、リズムボックス、サンプラー、ミュージカル ソウ等を使用しつつ、浮遊感あふれる独自のファンタジックな音楽を展開。これまで4枚のアルバムをスピードスターよりリリース。2006年12月にカクバリズムに移籍し、10インチアナログ『春の背中』をリリース。移籍後初のフルアルバム『magic hour』を2008年にリリース。大絶賛の嵐を生み、ツアーも大成功を収める。その後、大型野外フェスへの出演や、フランス、韓国でのライブ、ジェシ・ハリスとの全国ツアー、ワンマンライブでリキッドルームや赤坂ブリッツを完売など精力的に活動。2010年6月には6thアルバム『凪』を、2012年6月にはシングルB面集&レアトラックを集めたアルバム『SUKIMA MUSICS』をリリース。どちらも多くの音楽好きを唸らす名盤となっており、ロングセラーを続けている。そして2012年、CDシングル『覚めないの』を完成させる。今後の更なる活躍が期待される2人組である。

代表作品
CDアルバム『magic hour』(2008) / CDアルバム『凪』(2010) / CDアルバム『SUKIMA MUSICS』(2012)

出典 株式会社タレントデータバンクタレントデータバンクについて 情報

キセルの関連キーワード打ち延べ・打延べ駄六張り・駄六張延べギセル刻みタバコキセル乗り銜えギセルキセル通しキセル張り化粧ギセル比翼ギセル継ぎギセルタバコ入れ鉈豆ギセル延べ打ち継ぎラウキセル貝継ギセル番ギセル五服継ぎ銀ギセル

キセルの関連情報