キセル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キセル

煙管とも書く。刻みたばこを吸う喫煙具。カンボジア語の「管」を意味する Khsierに由来。管頭を雁首 (がんくび) といい,先端にたばこを詰める火皿を置く。管尾は細く,煙を吸込む吸い口がある。雁首と吸い口は金,銀,銅,赤銅,真鍮などの金属でつくる。雁首と吸い口をつなぐタケをラオ (羅宇) という。これは最初ラオス産のタケを用いたところからこの名がある。一般には国内産のヤダケなどを用いるが,なかには堆朱や蒔絵を施した華麗なものもある。またラオを用いずすべて金属製のものもあるが,これは伸 (のべ) という。日本で初めてキセルをつくり商いとしたのは『人倫訓蒙図彙』によると,京都二条通り富小路の桜屋であるという。近年は巻たばこの普及から刻みたばこの需要は減り,キセルも姿を消しつつある。また,中央がタケで両端が金 (かね) であることから,鉄道の乗車区間の乗り,降りの部分だけの乗車券を買い,中間部分の運賃を支払わないことを「キセル」という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キセルの関連情報