コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キダイ

栄養・生化学辞典の解説

キダイ

 [Dentex tumifrons].スズキ目タイ科キダイ亜科の海産魚.20cmほどになる食用魚.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

百科事典マイペディアの解説

キダイ

タイ科の魚。地方名レンコ,レンコダイ,バンジロなど。全長40cmを超える。体色マダイ,チダイに似るが,黄みを帯びる。本州中部〜南シナ海オーストラリアなどに分布する。
→関連項目タイ(鯛)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キダイ【Dentex tumifrons】

スズキ目タイ科の海産魚(イラスト)。一般にレンコダイとも呼ばれる。また,小さいものから順に芝レン,小レン,中レン,大レンと呼ぶこともある。日本の中部以南,台湾,南シナ海,オーストラリアなどに分布する。体形はマダイによく似るが,体色は黄色みを帯びた赤色で,背方に3個の大きな黄色斑をもつものともたないものがある。全長40cmを超える。大陸棚上にすむ底魚類で,エビ類,エソ類やホタルジャコなどの小型底魚類,イカ類などを食べている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キダイ
きだい / 黄鯛
yellow sea bream
[学]Dentex tumifrons

硬骨魚綱スズキ目タイ科キダイ亜科の海水魚。太平洋側は東北地方、日本海側は新潟県以南の南日本、および朝鮮半島南部以南、台湾に分布し、とくに東シナ海に多い。瀬戸内海にはいない。体は卵形で強く側扁(そくへん)する。上顎(じょうがく)に4本、下顎に6本の犬歯があり、両顎側部に1列の円錐(えんすい)歯がある。全長40センチメートルに達する。東シナ海のキダイはレンコダイともよばれるが、とくに体長により芝レン(15センチメートル以下、1歳)、小レン(19センチメートル以下、2歳)、中レン(23センチメートル以下、3歳)、大レン(23センチメートル以上)に区別される。体は黄色を帯びた美しい淡紅色で、体背部に3個の黄色斑紋(はんもん)が横に並ぶ。また、鼻孔前方の吻部(ふんぶ)に鮮黄色斑紋がある。やや深い沿岸や大陸棚の50~200メートルの底層に生息するが、90メートル前後に多い。東シナ海のキダイには年に2回(6、7月と10、11月)の産卵期があるが、秋の産卵が多い。初めて成熟する個体では雌が70~80%を占めるが、大形魚(体長22センチメートル以上)では逆に雌が10~20%以下になり、体長22センチメートル付近のキダイでは両性の生殖巣をもつ雌雄同体の個体の割合が多くなっている。
 キダイの卵は油球1個をもつ径0.92ミリメートルの分離浮性卵で、水温23℃で40時間で孵化(ふか)する。ほぼ4年で体長30センチメートルに達する。産卵期には空胃のものが多いが、そのほかの時期には甲殻類、魚類、軟体動物を飽食し、量的にはエビ類がもっとも多い。主として機船底引網、トロール網、一本釣り、深海延縄(はえなわ)によって漁獲される。刺身、塩焼き、煮つけ、吸い物などにして賞味され、美味である。奄美(あまみ)諸島、琉球(りゅうきゅう)諸島には、きわめて近似するホシレンコとさらに別種と考えられるほかの1種が漁獲されるが、キダイは分布していない。東シナ海や南日本のキダイは、琉球海盆と黒潮によって南西諸島への分散を阻止されているものと考えられる。[赤崎正人]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキダイの言及

【タイ(鯛)】より

…これはそれぞれマダイのしゅんが桜の咲く季節であり,このとき産卵前のもっとも鮮やかな体色をした美しいときであることと,麦の実る季節には産卵期も終わり,体色はくすみ,味がもっとも落ちるときであることを示している。品質名としては生きているイキダイ,活けじめにしたシメダイは高価であり,いけすに置きすぎるとあげてまもなく眼がくぼむので長崎でメヌケダイと呼んできらう。 マダイは日本各地,朝鮮半島,中国,東南アジアにかけて分布している。…

※「キダイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キダイの関連キーワードバックワードダイオードポンフー(澎湖)群島トンネルダイオードガラサーミーバイアンゴラレンコトンネル効果トンネル電流イシガキダイオオメレンコイノームルー江崎玲於奈ムチヌイユオームルータイ(魚)ナミレンコナガレンコアカメダイダルマーシルイユギンダイ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android