コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノボタン

百科事典マイペディアの解説

キツネノボタン

日本全土,東アジア山野の水分の多いところにはえるキンポウゲ科多年草有毒植物は高さ15〜80cmになり,葉は3出複葉で,小葉は2〜3裂する。4〜7月,枝先に径1cm内外,黄色5弁の花をつけ,のち金平糖状の集合果を結ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キツネノボタン【Ranunculus silerifolius Lév.(=R.ternatus Thunb.R.quelpaertensis (Lév.) Nakai)】

山野の湿ったところにごく普通にみられるキンポウゲ科の多年草で,耕地雑草の一つである(イラスト)。葉は3出複葉で小葉身は中裂し,欠刻状鋸歯がある。葉柄基部は鞘(さや)状に広がる。根生葉をつけた状態で越冬し,春から秋にかけて高さ20~70cmの分枝する茎を出し,花をつける。茎はふつう直立し,有毛または無毛,しばしば紫色を帯びる。花は直径1~1.3cm,萼片は5枚,反曲し,花弁は5枚,黄色,上面の基部に蜜腺がある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツネノボタン
きつねのぼたん / 狐牡丹
[学]Ranunculus silerifolius Lv.

キンポウゲ科の多年草。茎は直立し高さ30~50センチメートル、上部でよく分枝する。根出葉は1回3出複葉。花は黄色、直径約1センチメートルで、4~7月、まばらな総状花序につく。扁平(へんぺい)な痩果(そうか)が多数集まって、金平糖(こんぺいとう)状の集合果となる。日本全土の水湿地に普通にみられ、変異の多い植物。水田の雑草。変種ヤマキツネノボタンは茎に斜上する毛が多く、山地に生える。屋久(やく)島には、全体が著しく小さい近縁の別種ヒメキツネノボタンR. yaegatakensis Masam.が分布する。また近縁の別種キンポウゲとは、葉が3出複葉で、花が小さく、痩果が扁平であることで区別される。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

キツネノボタンの関連キーワードケキツネノボタン八重山狐の牡丹ラナンキュラスハモグリバエ果実(植物)朝比奈 泰彦オトコゼリタガラシ馬芹大芹鼬足

今日のキーワード

阪神園芸

阪神電気鉄道株式会社の子会社で、兵庫県西宮市に本社を置く造園会社。正式名称は「阪神園芸株式会社」。1968年に設立された。環境緑化工事の施工・維持管理、公園植栽などの管理、観葉植物のリースといった業務...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android