コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キツネノボタン

3件 の用語解説(キツネノボタンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

キツネノボタン

日本全土,東アジアの山野の水分の多いところにはえるキンポウゲ科多年草有毒植物。茎は高さ15〜80cmになり,葉は3出複葉で,小葉は2〜3裂する。4〜7月,枝先に径1cm内外,黄色5弁の花をつけ,のち金平糖状の集合果を結ぶ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

キツネノボタン【Ranunculus silerifolius Lév.(=R.ternatus Thunb.R.quelpaertensis (Lév.) Nakai)】

山野の湿ったところにごく普通にみられるキンポウゲ科の多年草で,耕地雑草の一つである(イラスト)。葉は3出複葉で小葉身は中裂し,欠刻状鋸歯がある。葉柄の基部は鞘(さや)状に広がる。根生葉をつけた状態で越冬し,春から秋にかけて高さ20~70cmの分枝する茎を出し,花をつける。茎はふつう直立し,有毛または無毛,しばしば紫色を帯びる。花は直径1~1.3cm,萼片は5枚,反曲し,花弁は5枚,黄色,上面の基部に蜜腺がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キツネノボタン
きつねのぼたん / 狐牡丹
[学]Ranunculus silerifolius Lv.

キンポウゲ科の多年草。茎は直立し高さ30~50センチメートル、上部でよく分枝する。根出葉は1回3出複葉。花は黄色、直径約1センチメートルで、4~7月、まばら総状花序につく。扁平(へんぺい)な痩果(そうか)が多数集まって、金平糖(こんぺいとう)状の集合果となる。日本全土の水湿地に普通にみられ、変異の多い植物。水田の雑草。変種ヤマキツネノボタンは茎に斜上する毛が多く、山地に生える。屋久(やく)島には、全体が著しく小さい近縁の別種ヒメキツネノボタンR. yaegatakensis Masam.が分布する。また近縁の別種キンポウゲとは、葉が3出複葉で、花が小さく、痩果が扁平であることで区別される。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キツネノボタンの関連キーワード隔世遺伝輝石帯化柿蘭切り袴ところに溝羊歯凹き所に水溜まる見たところプルキンエ効果(生理学)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone