コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キトン キトンchiton

翻訳|chiton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キトン
chiton

古代ギリシア人の下着を兼ねた衣服。羊毛織布を用いるドーリス式 (ペプロスともいう) と,亜麻布を用いるイオニア式の2つに大別される。通常,縦は身長よりやや長く,横は両手を広げた2倍の長さほどある矩形の1枚の布を用いる。ドーリス式ではこの布の上部を折返し,人体をはさむように2つに折り,両をピンで留める。帯紐を用いない場合が多い。イオニア式はドーリス式より布地は薄く軽い。着方はドーリス式とほぼ同じであるが,首と両腕の出る部分を残して粗くかがり,1本あるいは2本の帯紐を使用して上半身にゆるやかなたるみをつける。戸外ではキトンの上にヒマティオンをまとう。男性用キトンは膝より上の短いものが普通で,左肩で留め,偏袒右肩 (へんたんうけん) で着る

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キトン(〈ギリシャ〉chitōn)

古代ギリシャの衣服。長方形の布を二つに折ってからだに巻き、肩を止め具で止め、をひもで結んで(ひだ)を整える。

キトン(kitten)

子猫。幼猫。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

キトン

古代ギリシアの下着を兼ねた衣服。裁断しない長方形の布を用い,両肩をピンで留め,ウェストをベルトで締めてひだの美しさをだして着用した。両脇を縫ったイオニア式と,右脇を開放したままのドリス式(ペプロス)があり,婦人用や男子の晴着用は足首まであり,その他の男子用は短い。
→関連項目下着ヒマティオン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キトン【chitōn】

古代ギリシア人が着用した,下着と上着をかねたもっとも一般的な衣服。裁断しない長方形の一枚布からなり,婦人用や男子の晴着用のものはかかとまで,職人の作業衣や兵士用のものは膝まであった(図)。型にはドリス式とイオニア式がある。前者はペプロスともよばれ,毛織物製で二つ折りにして体をはさみ,両肩をピンでとめて着用した簡素な形式である。後者はおもに白の麻織物製で,首と両腕の出る部分を残して筒形にあらくかがり,腰を帯紐でしめて襞(ひだ)の美しさを出し,優美な感じを与える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

キトン【khitōn】

古代ギリシャの衣服。一枚の長方形の布を二つ折りにして体を包み、肩をピンでとめるドーリア式と、肩から腕にかけてたくさんのピンブローチでとめるイオニア式がある。男女ともに用いる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キトン
きとん
chiton

古代ギリシア人の着用したもっとも普遍的な衣服。男女に用いられ、下着と表着を兼ねていた。語源はヘブライ語のケトーネkethnetと同義のセム語にある。ローマでは(すなわちラテン語で)これをトゥニカtunicaとよび、フランス語に入ってチュニークtunique、英語に入りチュニックtunicとなった。キトンの種類は、性別や階級などによってさまざまなものがあるが、大別してドーリス式キトンとイオニア式キトンがある。
 前者は一般にペプロスpeplosともよばれ、初期に多く用いられたウール地の単純な型のものをさしていう。すなわち、長方形の布を二つに折って、その中に身体を入れて包むようにしながら、2個のペローネperone(ピン、ブローチの類)を用いて肩のあたりで留め、次に自然に現れるドレープを、1本または2本の紐(ひも)で整えるのであるが、その方法でさまざまな形になった。後者は古典期に用いられたひだの多い優美な型で、麻地でつくられた。その典型的な着方は、両腕を水平にあげて、それをカーテンレールに見立てて布をかけてゆく方法であり、袖山(そでやま)に沿って等間隔に多数のペローネが留められるのが特色である。白無地のほかに色物もあり、縁どり刺しゅうなどが施された。[菅生ふさ代]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のキトンの言及

【ペプロス】より

…古代ギリシアの主として女性が着用した袖のない衣服で,ドリス式のキトンをさす。長方形の毛織物の一枚布で,その上部を外側に折り返し,二つ折りにして体をはさみ,両肩をピンでとじ合わせた。…

※「キトン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

キトンの関連キーワードシメオン[ストゥディオス]薄羽黄蜻蛉・薄翅黄蜻蛉エンパイア・ラインショウリョウトンボベルト(衣服)ヘラ[サモス]ベール(布)ギリシア美術グンタイアリシュミーズアカトンボチュニックビーナス赤トンボ精霊蜻蛉ポッタースカートトゥニカコレーキチン

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キトンの関連情報