コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キバタン キバタンCacatua galerita; sulphur-crested cockatoo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キバタン
Cacatua galerita; sulphur-crested cockatoo

インコ目オウム科。全長 50cmの大型種。鮮黄色の冠羽(→羽冠)があり,体のほかの部分は白色。と脚は黒色。ニューギニア島オーストラリア大陸の東部やタスマニア島カンガルー島などに分布し,森林や農耕地に生息している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キバタン
きばたん / 黄巴旦
sulphur-crested cockatoo
[学]Cacutua galerita

鳥綱オウム目オウム科の鳥。全長約50センチメートル。白色のオウムで、先端がやや反る羽冠や尾の内面などは黄色である。ニューギニア島、オーストラリア北部・東部、アルー島に4亜種がいる。群生し、種子や穀類を好んで食べるため穀物への被害もある。飼い鳥として長寿で、人語も多少は覚える。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キバタンの関連キーワード黒田長久鸚鵡巴旦

今日のキーワード

スタットコール

《statは、急を要するの意。「スタッドコール」とも》病院内での緊急召集。緊急事態発生時に、担当部署に関係なく手の空いている医師や看護師を呼び出すために用いる。→コードブルー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

キバタンの関連情報