コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キブ湖 キブこLac Kivu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キブ湖
キブこ
Lac Kivu

コンゴ民主共和国とルワンダ国境にある。南北約 95km。東西約 48km。面積約 2700km2。平均水深 220m。最大水深 475m。中央のイディウィ島をはじめ多くの島と入江がある。北方エドワード湖と結ばれていたが火山隆起により分離した。湖底には天然ガスが豊富。景観が美しく,標高 1460mの高地のため冷涼な気候もあずかって観光の発展が期待されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

キブ‐こ【キブ湖】

Lake Kivu》アフリカ中央部、ルワンダとコンゴ民主共和国の国境に位置する湖。大地溝帯の一部をなす。標高約1460メートルのアフリカ最高所の湖として知られる。ルジジ川が流出しタンガニーカ湖に注ぐ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

キブ湖【キブこ】

アフリカの中東部にある湖。グレート・リフト・バレー(大地溝帯)の中にあり,西岸コンゴ民主共和国に,東岸ルワンダに属する。アフリカ最高所の湖で標高は1460m,面積は2700km2で最深部は480mに達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

キブ湖の関連キーワードカフジ=ビエガ国立公園大湖諸国経済共同体ニヤムラギーラ火山ニーラゴンゴ[山]ニュングェ国立公園ビルンガ国立公園アフリカ大地溝帯ニーラゴンゴ火山ニアムラギラ山ニーラゴンゴ山ビルンガ山脈湖水爆発ピグミーギセニーブカブキブ州ギセニゴリラゴマ

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android