コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンベル・バナマン Henry Campbell‐Bannerman

1件 の用語解説(キャンベル・バナマンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キャンベル・バナマン【Henry Campbell‐Bannerman】

1836‐1908
イギリスの政治家。キャメル・バナマンともいう。実業家J.キャンベルの次男としてグラスゴー生まれる。1872年に母方の紋章を継承し,以後バナマン姓を加えた。グラスゴー大学,次いでケンブリッジ大学に学んで修士号を得た後,68年に自由党代議士となり,3次にわたるグラッドストン内閣においてアイルランド事務長官(1884‐85),陸相(1886,92‐95)を歴任,アイルランド自治法案を支持した。グラッドストンの政界引退(1895)後は,彼の衣鉢を継いであくまでも自由派本来の立場をとり,ローズベリー,アスキス等の党内〈自由帝国主義〉派と対立するいっぽう,統一党のJ.チェンバレン南アフリカ政策を攻撃し,ボーア戦争を批判した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

キャンベル・バナマンの関連キーワード監獄法新聞小説郡内騒動天保の飢饉ニコライ森次左衛門渡辺政香薩埵徳軒化政文化テキサス併合

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone