コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンベル・バナマン Henry Campbell‐Bannerman

1件 の用語解説(キャンベル・バナマンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

キャンベル・バナマン【Henry Campbell‐Bannerman】

1836‐1908
イギリスの政治家。キャメル・バナマンともいう。実業家J.キャンベルの次男としてグラスゴー生まれる。1872年に母方の紋章を継承し,以後バナマン姓を加えた。グラスゴー大学,次いでケンブリッジ大学に学んで修士号を得た後,68年に自由党代議士となり,3次にわたるグラッドストン内閣においてアイルランド事務長官(1884‐85),陸相(1886,92‐95)を歴任,アイルランド自治法案を支持した。グラッドストンの政界引退(1895)後は,彼の衣鉢を継いであくまでも自由派本来の立場をとり,ローズベリー,アスキス等の党内〈自由帝国主義〉派と対立するいっぽう,統一党のJ.チェンバレン南アフリカ政策を攻撃し,ボーア戦争を批判した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

キャンベル・バナマンの関連キーワードイギリス経験論ギゾーイギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争英国イギリス巻イギリス組曲河合秀和ベートーヴェン:イギリスの歌「ルール・ブリタニア」による5つの変奏曲/piano soloイギリス鞍 (English saddle)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone