コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キャンベル・バナマン Henry Campbell‐Bannerman

世界大百科事典 第2版の解説

キャンベル・バナマン【Henry Campbell‐Bannerman】

1836‐1908
イギリスの政治家。キャメル・バナマンともいう。実業家J.キャンベルの次男としてグラスゴーに生まれる。1872年に母方の紋章を継承し,以後バナマン姓を加えた。グラスゴー大学,次いでケンブリッジ大学に学んで修士号を得た後,68年に自由党の代議士となり,3次にわたるグラッドストン内閣においてアイルランド事務長官(1884‐85),陸相(1886,92‐95)を歴任,アイルランド自治法案を支持した。グラッドストンの政界引退(1895)後は,彼の衣鉢を継いであくまでも自由派本来の立場をとり,ローズベリー,アスキス等の党内〈自由帝国主義〉派と対立するいっぽう,統一党のJ.チェンバレンの南アフリカ政策を攻撃し,ボーア戦争を批判した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

キャンベル・バナマンの関連キーワードグレー(Edward Grey 1st Viscount Grey of Fallodon)デビッド ロイド・ジョージ自由党(イギリス)ロイド・ジョージ小イギリス主義9月7日グレー

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android