キュウリグサ

百科事典マイペディアの解説

キュウリグサ

日本全土,アジアの温帯に広く分布し,畑や土手などに多いムラサキ科二年草は高さ10〜20cm,長楕円形のが数個つく。春,茎や枝の先に花穂を出し,ややまばらに多数の花をつける。花には柄があって包葉がなく,花冠は径2mm内外,淡い空色で,5裂する。これに似たミズタビラコ川辺など水分の多い土地にはえる多年草で,花は柄が短く,径3mm,傾いた花穂に密につく。分果は黒褐色四面体でなめらか。本州〜九州に分布する。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キュウリグサ【Trigonotis peduncularis (Trevir.) Benth.】

野原や道ばたに普通なムラサキ科の二年草(イラスト)。茎や葉をもむとキュウリに似たにおいがするところから和名がついた。茎は高さ10~30cm,基部で分岐し,数本の枝が直立する。根もとの葉は長柄があり,卵円形。上方の葉はやや無柄で細長い卵形。茎の上部はカタツムリ形の花序となり,果期には長く伸長する。花は4~5月に咲き,淡紫色,上を向いて咲くが,果実は開出する。花冠は短い筒部があり,先端は5裂。花筒上部には副花冠がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キュウリグサ
きゅうりぐさ / 胡瓜草
[学]Trigonotis peduncularis (Trevir.) Benth.

ムラサキ科の越年草。茎は高さ10~30センチメートル。全体に伏毛がある。茎の上部の葉は長楕円(ちょうだえん)形で柄がなく、下部の葉は柄がある。3~5月、先が渦状に巻いた総状花序に小さな青色の5弁花を多数開く。花序には包葉がない。4個の分果は先がとがり、滑らかで短い柄がある。畑や道端に普通に生え、日本全土、アジアに広く分布する。名は、葉をもむとキュウリに似た香りがあるところからつけられたという。別名タビラコともいうが、春の七草のタビラコはキク科の別種である。キュウリグサ属は、分果は多くが四面体で平滑である。世界に約40種、そのうち日本には6種分布する。[高橋秀男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のキュウリグサの言及

【タビラコ】より

…若菜をゆでて食用とする。なお,タビラコがムラサキ科のキュウリグサを指すことがある。 ヤブタビラコ属Lapsanaは世界の温帯に約10種あり,日本にはほかにヤブタビラコL.humilis Makinoがある。…

※「キュウリグサ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android