コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キルナ キルナKiruna

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キルナ
Kiruna

スウェーデン北部,ノルボッテン県にある鉱山都市。世界有数の鉄鉱山地帯の中心。付近の鉱脈は磁鉄鉱で,60~70%の鉄分と,1~2%のリンを含む。大規模な露天掘りが行われ,年生産量は約 500万t。鉱石の大部分は鉄道で不凍港ナルビク (ノルウェー) ,一部はボスニア湾岸のルーレオーに運ばれ,イギリス,ドイツなどに輸出される。 1899年に開かれ,南東 60kmのイェリバーレから鉄道が延長されて以後,鉱業都市として大きく発展した。 1908年市に昇格。 48年には2万 669km2以上にもわたる地域を併合し,行政面積では世界最大といわれた。人口2万 6174 (1992推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

キルナ

スウェーデン北部の鉱山都市。1900年ころに良質の鉄鉱山が発見され,大規模な露天掘が行われる。大部分がルーレオ,ナルビクから輸出される。最近は宇宙関連施設誘致なども行い,宇宙観測にも力を入れている。
→関連項目スウェーデン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

キルナ【Kiruna】

スウェーデン北部。ノルボッテン県の北極圏内(北緯67゜52′)にある世界的な鉄鉱山。人口2万6000(1990)。鉱床はキルナバーラ丘,ルオサバーラ丘として長さ3km,深さ800mにわたり,埋蔵量は10億tとされる。先カンブリア時代の累層中にある磁鉄鉱で,品位は鉄分50~70%。1900年ごろ発見され,02年ラップランド鉄道の全通によりイェリバレを経てルーレオ,ナルビクへ積み出される。48年,東のユッカスイェルビと合併した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

キルナ【Kiruna】

スウェーデン北部の鉱業都市。鉄鉱石の世界的な産地。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キルナ
きるな
Kiruna

スウェーデン北部、ノールランド地方の鉱山都市。人口2万3849(2001)。北極圏の北緯66度30分よりさらに北140キロメートル、標高500メートルの位置にある。市はルオッサバラとキルナバラ両鉄鉱山の中間に広がる。国営の鉱山会社LKABによって年間約1500万トンの高品位の鉄鉱が発掘される。町は20世紀初期の鉄鉱発掘開始とともに発展した。周辺には宇宙研究所、地球物理研究所がある。スウェーデンの最高峰ケブネカイセ山の登山基点ともなっている。[中島香子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

キルナの関連キーワード高級アルコール系洗剤A.S. エクルンドケブネカイセ[山]キルナヴァーラ岩流動パラフィンアイスホテルノールラン県キルナ鉄山ドライ鉄鉱アービスコ鉄鉱石オーラ絶縁油鉄鉱床ルレオ産地

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android