ギャバジン(英語表記)gabardine(gaberdine)

  • gabardine
  • gabardinegaberdine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

(1) 斜文線が緯糸の方向に対して 45度以上になるように経糸密度を多くした綾織物。巡礼服を意味するスペイン語のガバルディナ gabardinaが語源繊維は本来毛,ほかに綿人造繊維ステープルファイバーを用い,一般に無地染またはプリント。じょうぶで,皺がつきにくく,紳士婦人服コート,ユニフォーム地などに用いられ,特に綿ギャバジンはレインコート,作業服,子供服,エプロン地などに用いられる。 (2) 中世,特にユダヤ人が着用したゆるやかな長い上着のこと。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

組織の密な(あや)織物一種。本来は中世の貧民の外衣をさしたが,19世紀末に英国バーバリー社がレインコート地の商標とした。経糸(たていと)が梳毛(そもう),緯(よこ)糸が綿の交織であったが,綿,,毛,化繊でも織られるようになった。薄地で耐久性に富み,しわがつきにくい。レインコート,背広ズボンなどにする。無地染が多いが,霜降もあり,日本ではこれをクレバネットと称することが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

細い梳毛(そもう)糸で織った目のつんだ綾織物で,略してギャバともいう。60度前後の角度で,左下から右上に向かって斜文線が見えるのが表。似た織物にサージがある。原糸と組織は同じだが,ギャバジンのほうが経糸の密度が高いので,表面の斜文線はサージ45度ぐらいに対し,ギャバジンは65度ぐらいになり,張りは少ないが光沢はある。現在では毛織物のほかに綿,化学繊維,混紡,絹など種類があり,無地仕上げが多い。綿のギャバジンは,,茶などの無地染にするか漂白する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たて糸を緯よこ糸より密にして綾織りにした服地。綾目が急角度にくっきりと表れる。背広・コート・婦人服地とする。ギャバ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギャバとも略してよばれ、もとは経糸(たていと)に毛、緯糸(よこいと)に綿を使い、綾(あや)組織に緻密(ちみつ)に織り、畝(うね)を高くした織物。現在では純毛、純綿、化合繊などいろいろな繊維を使って織られている。この名称は、中世にユダヤ人が着ていた粗末な丈の長いオーバーをさしたことに由来するという。組織は主としての綾組織からなり、経糸の密度がこんだもので、堅くしっかりした地合いが特徴である。おもに樹脂加工して、婦人・子供服地や、防水加工を施してレインコート、ダスターコート地に使用されている。
 綿ギャバジンのうち、細番手で細かい綾目を出したバーバリーといわれているものは、イギリスのバーバリー社の製品で、その登録商標でもあるが、いまでは薄地の綿・絹ギャバジンをさす一般的名称ともなっている。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (gabardine, gaberdine) 毛および綿でつくった綾織(あやおり)の布の一種。経(たていと)を緯(よこいと)より密度を多くして織ったもの。綾目(あやめ)の急角度の斜文を浮き出させた織物。毛の場合は梳毛(そもう)糸を用いる。ギャバ。
※浮世酒場(1936)〈獅子文六〉六「軽快なギャバルジンのオーヴアを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

オープンスカイズ条約

領空開放条約ともいう。非武装の偵察機により相互の領域内の軍事活動,施設を監視しあい,軍備および軍事行動の透明性を高めることを目的とする条約。相互の不信感を取除く信頼醸成措置の1つ。 1955年,アメリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android