コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ギンザンマシコ ギンザンマシコ Pinicola enucleator; pine grosbeak

2件 の用語解説(ギンザンマシコの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ギンザンマシコ
ギンザンマシコ
Pinicola enucleator; pine grosbeak

スズメ目アトリ科。全長 20cmの大型のマシコ (ヒワ類) 。雌雄異色で,雄は体の大部分がバラ赤色,雌はオリーブ黄色。雌雄とも翼に2条の白帯がある。嘴は太く短い。スカンジナビア半島からカムチャツカ半島までのユーラシア大陸の寒帯,ロッキー山脈以北の北アメリカに分布し,日本では北海道の高山帯にのみ棲息する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ギンザンマシコ
ぎんざんましこ / 銀山猿子
pine grosbeak
[学]Pinicola enucleator

鳥綱スズメ目アトリ科の鳥。全長約20センチメートル。ユーラシアと北アメリカの亜寒帯針葉樹林帯にすむが、日本では北海道の大雪山(たいせつざん)のハイマツ帯に限って繁殖している。針葉樹の球果の種子を常食する。[竹下信雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のギンザンマシコの言及

【マシコ(猿子)】より

…元来はニホンザルの異称であった。マシコと呼ばれる鳥にはハギマシコLeucosticteベニマシコUragus(イラスト),マシコCarpodacus,オガサワラマシコChaunoproctus,ギンザンマシコPinicolaなどの属のものがあり,いずれも独特の赤色の羽色をもっている。これがニホンザルの顔の色に似ているところからマシコの名がでているが,特定の分類群を指すものではない。…

※「ギンザンマシコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ギンザンマシコの関連キーワード猿子紅雀花鶏岩雲雀アトリ(花鶏)アリドリ(蟻鳥)イスカ(交喙)シメ(鴲)ヒワ(鶸)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ギンザンマシコの関連情報