コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クインティリアヌス クインティリアヌスMarcus Fabius Quintilianus

5件 の用語解説(クインティリアヌスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

クインティリアヌス(Marcus Fabius Quintilianus)

[35ころ~95ころ]古代ローマの修辞学者・教育者。弁論術教育に貢献。著「弁論術教程」。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

クインティリアヌス

ローマの散文家,修辞学(レトリック)者。ウェスパシアヌス帝によって修辞学教師に任ぜられた。《弁論術教程》12巻は子どもを弁論家に育てるための指導書で,弁論術を人格形成と結び付けている。
→関連項目ペルシウス

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

クインティリアヌス【Marcus Fabius Quintilianus】

35ころ‐100ころ
ローマの修辞家。属州ヒスパニア(スペイン)のイベルス河畔の町カラグリスに生まれた。ローマで教育を受けた後,いったんヒスパニアに戻り,68年ガルバ帝に伴って再びローマに現れ,弁論術の教師として直ちに名声を獲得した。クインティリアヌスは,ウェスパシアヌス帝の治世に,年俸を支給された最初の修辞家となった。弟子の中には小プリニウスの名を見ることもできる。彼はおよそ20年間弁論術の教師として活躍した後,88年ころ引退して著述の道を歩み始めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

クインティリアヌス【Marcus Fabius Quintilianus】

35頃~100頃) 古代ローマの修辞学者。スペイン生まれ。弁論術の教師として活躍。ギリシャ・ローマの古典の批評を含む「弁論術教程」はルネサンス期の著述家たちに影響を与えた。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クインティリアヌス
くいんてぃりあぬす
Marcus Fabius Quintilianus
(35ころ―95ころ)

古代ローマの弁論学者。ガルバ帝により公の弁論術教師に任命され、引退後、ドミティアヌス帝の命により後継者の教育にあたった。主著『弁論術教程』12巻(95ころ)は、弁論家養成の入門書で、初等教育、修辞学、題材と配列、文体、演述法、性格と教養などを論じる。幼児教育から説き起こす点に、従来の類書にみられない新味がある。また、文法の概観、機知とユーモアの論究、ことばリズムの考察、広い教養と高い徳性を修める訓練の要求などにも特色がみられる。とくに知られるのは、雄弁術の学徒のための読書案内として、ギリシア、ローマの多数の作家と作品を取り上げ、修辞学的視点から簡潔に批評した第10巻である。彼は中世には教師として高く評価され、近世にはエラスムスをはじめとする人文主義者によって学習され、大きな影響を与えた。[中山恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のクインティリアヌスの言及

【ラテン文学】より

…共和政の崩壊によって実際の活動の場を失った弁論は,学校に入り,修辞学となって,すべての学問の基礎としての地位を獲得した。有名な弁論術教師には,演説の見本集を残した大セネカ,《弁論術教程》を著したローマ最大の修辞学者クインティリアヌス,皇帝マルクス・アウレリウスの師フロント,弁論のための資料集を編んだウァレリウス・マクシムスValerius Maximusなどがいる。 白銀時代の最大の作家は小セネカ(以下単にセネカと記す)とタキトゥスであろう。…

【ローマ】より

…各都市に学校や図書館が設置され,ラテン文学は〈白銀時代〉を謳歌した。マルティアリス,ユウェナリス,タキトゥス,スエトニウス,クインティリアヌスらの作品は今も残っている。このほかキリスト教護教文学という新しいジャンルも現れ,法律学も盛期に入った。…

※「クインティリアヌス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone